賞金王・宮里優作、2018年初戦は予選落ち「この結果は一度忘れたい」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

賞金王・宮里優作、2018年初戦は予選落ち「この結果は一度忘れたい」

2018年01月13日14時21分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 B・ハーマン -13
2 テイラー・グーチ -10
  T・ホージ -10
  Z・ジョンソン -10
  C・カーク -10
  J・ピーターソン -10
7 P・キジーア -9
  O・シュナイダーヤンズ -9
  K・スタンレー -9
10 K・キスナー -8

順位の続きを見る

予選落ちとなった宮里優作(写真は練習日)

予選落ちとなった宮里優作(写真は練習日)(撮影:GettyImages)

ソニー・オープン・イン・ハワイ 2日目◇12日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

日本の賞金王として「ソニー・オープン・イン・ハワイ」に挑んだ宮里優作だったが、初日は2オーバー・116位タイ。大きく出遅れると、第2ラウンドでも3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“73”と苦しみ、トータル5オーバー・134位タイで予選落ちとなった。

【スイング連続写真】賞金王・宮里優作は細い軸で回転できる筋力がスゴイ

2日間のプレーを振り返り、「スコア通りの感じですね。フェアウェイに打ってもなかなかピンのほうには飛んで行かないし、う〜ん…、ちょっと難しかったです」と語った宮里。今大会ではセカンドショットに苦しんだ。

「この芝(バミューダ芝)ではやっぱりハイバウンスのアイアンはよくないですね。セカンドがぜんぶ引っかかる。自分が打った球がぜんぶ左に飛んでいく。逆にその意識が入ると右に飛んでいくとか、コントロールがまったく効かなくて。もともとハイバウンスのアイアンを使っているので、どうしても合わないです」。この日フェアウェイキープ率は64.29%にも関わらずパーオン率は55.56%。いかにアイアンの精度を欠いたかは数字が如実に示している。

また、過去3年の出場で2度の予選落ち。難グリーンにも泣かされ続けてきた宮里だが、今年も最後まで翻弄された。「パッティングも今日はちょっと読めてきたかなと思ったんですけど、でもやっぱり一筋違うのが多かった。ほとんどミスパットはない。狙ったところに打てているから、ストレスはほとんどなく回っているけど、結果はまったく出てことない。ちょっとバカになって打つしかないですね。このコースは(笑)」と笑うしかなかった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?