難グリーン攻略の片岡大育 V争いに虎視眈々「狙っていく」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

難グリーン攻略の片岡大育 V争いに虎視眈々「狙っていく」

2018年01月12日20時06分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 C・カーク -7
  Z・ジョンソン -7
3 V・テイラー -6
  K・スタンレー -6
  テイラー・グーチ -6
  B・ハーマン -6
7 P・マルナッティ -5
  片岡大育 -5
  M・エブリー -5
  T・ホージ -5

順位の続きを見る

パット好調の片岡大育 この日は飛距離も出ていた

パット好調の片岡大育 この日は飛距離も出ていた(撮影:GettyImages)

ソニー・オープン・イン・ハワイ 初日◇11日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

片岡大育がグリーン上で存在感を放った。米国男子ツアー「ソニー・オープン・イン・ハワイ」の初日。今大会3年連続での出場となる片岡大育が6バーディ・1ボギーの“65”をマークし、日本勢トップの5アンダー・7位タイ。海外志向の強い片岡が、ハワイの地で好スタートを切った。

【関連】伊能キャディ、フルパワー!定番パフォーマンスはアイドル顔負け?

アウトから出た片岡は2番パー4で幸先よくバーディを奪うと、7番パー3では約4m、9番パー5では約3mを決めて、前半を2アンダーで折り返す。後半に入っても3〜4mの微妙な距離をことごとく沈めて3バーディ・ノーボギー。首位と2打差の好位置につけた。

好スタートの要因はグリーン上にあった。「パッティングが非常によく入ってくれた。1番ホールで、『今日は(グリーンが)速いな』と思ったけど、うまく合わせることができた」と、迅速なアジャストがロースコアを生んだ。

2016年の日本ツアーでは平均パット数2位に輝いたパット巧者。ワイアラエCC名物のバミューダ芝でストロングポイントが好スコアに導いた。「(バミューダ芝は)難しいとは思う。ただ、その中でも最善の策を練って、やれることは決まっている。結果にとらわれず、普段の自分を意識して、リズムよくやるのがいい」。ジョーダン・スピースジャスティン・トーマス(ともに米国)といった実力者も手を焼いた難グリーンだが、平常心を保ち、攻め切ってみせた。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2018年シーズン開幕! SMBCシンガポールオープンのニュースをチェック
石川遼、S・ガルシア、宮里優作ら注目選手がシンガポールに集結!新シーズン初戦を制するのは誰!?
アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?