嗚咽するほどの辛さを乗り越えて…畑岡奈紗がプロ初勝利!今後は「米7割、日本3割」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

嗚咽するほどの辛さを乗り越えて…畑岡奈紗がプロ初勝利!今後は「米7割、日本3割」

2017年09月24日16時15分

辛い時期を乗り越え… 18歳・畑岡奈紗はまた一段とたくましくなった

辛い時期を乗り越え… 18歳・畑岡奈紗はまた一段とたくましくなった(撮影:村上航)

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 最終日◇24日◇利府ゴルフ倶楽部 (6,551ヤード・パー72)>

かつて宮里藍がアマチュア優勝を果たした地を再び震わせたのは、18歳のニュースターだった。「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の最終日、畑岡奈紗が2位に4打差をつけてプロ転向後、初勝利を挙げた。

圧巻のプロ初勝利!18歳のニュースターが満面の笑顔

同じくダンロップ契約の松山英樹を彷彿とさせる圧巻のプレーだった。首位タイでスタートした畑岡は、スタートホールの1番で2mのバーディパットを沈めて頭1つ抜け出すと、続く2番ではティショットをフェアウェイバンカーに入れるも3打目を奥2mにつけて連続バーディ。勢いをつけると、6番のボギーの後は気合いの3連続バーディ。前半4つ伸ばすと、後半も危なげないゴルフで影すら踏ませず。ホステス大会で無類の強さを見せつけた。

「5、6月の調子では考えられなかったことです。すごく嬉しい」と吐露した畑岡。アメリカに参戦した今年はとにかく苦しんだ。言語の違い、米ツアーのコースへの戸惑い。それらに加え、ホテルの予約など身辺のこともこれまでとは違い、自分で行わなければいけない。そんな中、追い打ちをかけるようなショットの不調。「自分のゴルフができない…」。全てが最悪だった。

父・仁一さんはその時を振り返り、「あの時期はとてもつらかったと思います。予選落ちが続いていたこともあって、“帰りたい”ということまで言っていました。完全に負のスパイラルに入っていました。電話が来て、受話器で話していたのは家内でしたが、こちらまで嗚咽が聞こえてきていました」。周りから「頑張れ」と声をかけると逆効果だと言われ、ただただ祈ることしかできなかったという。「だから今日の勝利は苦しい経験をした娘に神様が味方してくれたんだと思います」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
キム・ハヌルが日本語でコラム連載中!
キム・ハヌルが毎週水曜日にコラム連載中!ボミとのプライベートショットや茂木宏美との対談、まさかの母親登場まであますところなくお届け!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
2017年のナンバー1美ゴ女は誰だ!?
2017年にALBA.Netの美ゴ女ページに登場した美ゴ女の投票数を発表!2017年ナンバー1美ゴ女に輝くのは誰だ!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?