片山晋呉がプロとしてマッチプレー初V!129ホールを戦い抜き、104人の頂点に | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

片山晋呉がプロとしてマッチプレー初V!129ホールを戦い抜き、104人の頂点に

2017年09月10日16時53分

勝負を決めてガッツポーズ!44歳のベテランに訪れた歓喜の瞬間だ(撮影:佐々木啓)

<ISPSハンダマッチプレー選手権 決勝・3位決定戦◇10日◇浜野ゴルフクラブ(7,217ヤード・パー72)>

片山晋呉の2アップで迎えた16番パー5。先に2オンに成功していたH・W・リュー(韓国)に負けじと、片山もピン右1・5メートルに2打目を乗せる。グリーンをぐるりと囲んだギャラリーが見つめる中、先にリューがイーグルパットを外す。その後で慎重にラインを読み、自分のルーティンでアドレスに入る片山。そのウイニングパットを沈めた瞬間、思わずヒザから崩れ落ちる。それほど、ここまでの道程は長かった。1回戦から数えて、実に129ホール目、練習ラウンドを含めると、200ホールを超えていた。

優勝カブトをかぶった片山、凛々しい!

「正直、大会前は自分が勝つ確率は低いと思っていました。44歳という年齢でこれだけのラウンドをこなすのは大変ですし、明らかに若い選手のほうが有利ですからね」。

しかし、その不安を打ち消したのは、片山自身がずっと口にしていた“経験”だ。ツアー30勝の実績はダテではない。これまで数多くの強敵を倒し、体の中に蓄積した勝負勘は今大会でも威力を発揮した。リューとの決勝戦でもそれは変わらない。

「高山(忠洋)選手に聞いたら、リュー選手は準決勝で長いパットを決めまくっていたようです。自分の経験から、2日連続で長いパットが入ることはありません。だったら、ボギーを打たないことだけに集中しようという作戦にしました」。

ピンが前日までよりもさらに厳しい位置に切ってあることも頭の中に入っていた。チャンスにつかなければ、そう簡単にバーディを奪えないという計算から、よけいにパーセーブに徹した。実際、どんなに2打目が短い距離でもピンを狙わず、上りのラインが残るセーフティゾーンにボールを落とし続けた。勝負を決めた16番にしても、たまたま自分の持った5番ユーティリティと風向き、残り距離が一致しただけにすぎない。狙いはあくまでも上りのラインが残るポイントだった。そこまで自分の作戦に徹し切ることができるのが片山の強い秘密だといえる。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「アース・モンダミンカップ」ライブフォト
「アース・モンダミンカップ」のライブフォトで練習日&試合の様子をチェック!
「ダンロップ・スリクソン福島オープン」ライブフォト
「ダンロップ・スリクソン福島オープン」のライブフォトで試合の様子をチェック!
現場から!日本女子アマ写真館
アマチュア女子最高峰の大会「日本女子アマ」を毎日、現場からお届け中。熱戦を見逃すな!
畑岡優勝なるか? 米女子ツアー「ウォルマートNWアーカンソー選手権」リーダーボード
米女ツアー「ウォルマートNWアーカンソー選手権」が開幕! 日本勢の成績をチェック!
米男ツアー「トラベラーズ選手権」のリーダーボード
米男ツアー「トラベラーズ選手権」が開幕!小平の速報をチェック!
イ・ボミら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
藤田光里のコラムが連載スタート!【藤田光里のMindTravel】
こんにちは!藤田光里です。ALBA.Netでコラムを連載させていただくことになりました。これからよろしくお願いします!
皆さんに起こったゴルフにまつわるエピソードを募集します!!
皆さんの身の回りで起こったゴルフにまつわるエピソードをメールにてお送りください。写真や動画もお待ちしております〜!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
キックボクササイズで飛距離はあっという間に伸びる!
今年はギアだけに頼らず、体に変化を起こして飛距離アップを目指しませんか?キックボクシングから得た飛距離アップに繋がるトレーニングを紹介します!
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!