7番では悪夢の4パット、昨年覇者・池田勇太は2オーバー出遅れ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

パナソニックオープン

  • 期間:2017年04月20日-04月23日、
  • 場所:千葉カントリークラブ 梅郷コース(千葉県)

7番では悪夢の4パット、昨年覇者・池田勇太は2オーバー出遅れ

2017年04月20日19時32分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 J・クヌートン -7
2 U・ドゥアンデチャ -5
  小平智 -5
4 岩田寛 -4
  K・ヒョンソン -4
  I・H・ホ -4
  P・ピッタヤラット -4
8 J・パグンサン -3
  P・マークセン -3
  宋永漢 -3

順位の続きを見る

疲れもあったか…、昨年覇者の池田勇太は2オーバーと大きく出遅れ

疲れもあったか…、昨年覇者の池田勇太は2オーバーと大きく出遅れ(撮影:村上航)

パナソニックオープン 初日◇20日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース(7,130ヤード・パー71)>

長距離移動による疲労には、さすがの賞金王も苦労した。昨年覇者の池田勇太はこの初日、4バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの“73”と出入りの激しいゴルフで2オーバー85位タイと大きく出遅れた。

稲村亜美が聞く!男子ツアーで一番の“神スイング”はだれ?

火曜日に帰国したばかりの池田。「朝早いスタートで、もう少しラクに出来るかなと思ったけど、体がツラかったのは確か」。時差ボケと米国での連戦による疲労は、賞金王に本来のプレーをさせなかった。

「風は読みにくかったけど、あとは自分の責任」と厳しい表情で話した池田。手がむくんでしまい、パッティングのフィーリングが出せず7番パー3では4パットのダボに。体が最後まで「思うように動かない」状態だった。

「明日は気持ちを新たにいきたい」。このコースで開催された日本オープンも制しており、相性は折り紙つき。体調さえ戻れば、挽回のチャンスはまだ残されている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、谷原秀人コンビがタッグ戦に挑む
タッグ戦「チューリッヒクラシック」は27日夜開幕!松山&谷原に期待
森田理香子がステップに参戦
元賞金女王・森田理香子が下部ステップアップツアーに出場。その戦いを大量写真でLIVE配信
青木&ジャンボが共演!
JGTO会長・青木功とジャンボ尾崎が12年以来の同組!「中日クラウンズ」
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
ALBAが追ってきた人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好…も丸裸に!?
セクシークイーンがクルー!!
注目の韓流ナンバー1美人プロ、アン・シネが国内メジャーに参戦!
迷った時にエリカの教え
ラウンド中に簡単にできる改善法を菊地絵理香が伝授。今週は1メートルのパットを外さない極意。
「なぜ250ヤード飛ばない?」
片山晃による新レッスン「なぜ250ヤード飛ばない?」。動画もあって分かりやすさ抜群!
誰も言わなかったことをズバリ!【究極のレッスン】
【カカト軸ジャンプ】【カーリング】今まで誰も言わなかった究極のレッスン!
何でもアンケート
今週のテーマは「サイバーエージェントレディス」優勝者予想と「ゴルフ海外旅行で行ってみたい場所」です。