日本初参戦のイ・ミニョンは腎臓がん克服した“不屈のゴルファー”「きつねそばが大好き(笑)」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

Tポイントレディス ゴルフトーナメント

  • 期間:2017年03月17日-03月19日、
  • 場所:鹿児島高牧カントリークラブ(鹿児島県)

日本初参戦のイ・ミニョンは腎臓がん克服した“不屈のゴルファー”「きつねそばが大好き(笑)」

2017年03月19日18時05分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 菊地絵理香 -14
2 渡邉彩香 -9
3 ペ・ヒギョン -8
4 全美貞(ジョン・ミジョン) -7
5 上田桃子 -6
  アン・ソンジュ -6
  福田真未 -6
8 下川めぐみ -5
  イ・ミニョン -5
  鈴木愛 -5

順位の続きを見る

“不屈のゴルファー”イ・ミニョン、これからの活躍に期待がかかる

“不屈のゴルファー”イ・ミニョン、これからの活躍に期待がかかる(撮影:鈴木祥)

<Tポイントレディス 最終日◇19日◇鹿児島高牧カントリークラブ(6,397ヤード ・パー72)>

今季から日本ツアーに参戦している韓国のイ・ミニョンが国内女子ツアー「Tポイントレディス」でトータル5アンダー8位タイの好成績を残して大会を終えた。

菊地絵理香が完全V!最終日の模様をフォトギャラリーでチェック

「まだまだですね。アイアンは良かったのですが、パターの調子が悪いです。いい時の感覚が戻らないので、本来の調子に戻るにはもう少し時間がかかりそうです」。

とはいえ、日本1年目の3戦目にして今季初のトップ10入りに、一安心といったところだろう。
 
ミニョンは昨年のファイナルQTで4位となり、今季ツアーフル参戦の権利を獲得。年齢は24歳とまだ若く、韓国ツアーは通算4勝の実力者。すでに周囲からは「日本でシード獲得、ツアー初優勝にも手が届く逸材」と言われている。
 
そんな彼女が韓国から日本に戦場を移す決意をしたのは、日本ツアー3年目のペ・ヒギョン(韓国)に強く誘われたからだった。

「親友のヒギョンから日本ツアーは素晴らしい場所だというところをよく聞いていて、チャレンジしてみようかなと思ったんです」。
 
ミニョンは海外志向が強く、元々は米ツアー志望だった。だが、その希望を打ち砕く出来事が起きる。2015年3月、欧州女子ツアーの「ミッションヒルズ・ワールドレディスチャンピオンシップ」に出場している最中、急な腹痛に見舞われ、あまりの痛さに病院へ。帰国後、病院での診断は「腎臓がん」だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ