6年ぶり出場の宮里藍は13位タイ発進「良い位置にいる」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

6年ぶり出場の宮里藍は13位タイ発進「良い位置にいる」

2017年03月03日07時30分

2オーバー13位タイとまずまずの位置で初日を終えた宮里藍

2オーバー13位タイとまずまずの位置で初日を終えた宮里藍(撮影:鈴木祥)

<ダイキンオーキッドレディス 初日◇2日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,617ヤード ・パー72)>

 3月2日(木)、国内女子ツアー2017年シーズン初戦「ダイキンオーキッドレディス」が開幕。6年ぶり出場の宮里藍は6番ホール終了時点まで2バーディ・ノーボギーとなったが、7番のダブルボギーから上位転落。3バーディ・3ボギー・1ダブルボギーの2オーバーで13位タイ発進となった。

【関連】8頭身ゴルファーから18歳の天才美女まで!開幕戦初日のフォトギャラリー

 最大瞬間風速20.8m/sでのプレーとなった初日。タフなコンディションのなかで自己採点は70点。「1番ホールで(名前を)アナウンスされて、指笛が聞こえた時はすごく嬉しくて。集中するのが大変でしたが、久しぶりの沖縄でのプレーは楽しかった」と振り返った。

 諸見里しのぶ新垣比菜との沖縄勢ペアリングとなった予選ラウンド。「しのぶと回るのも5年ぶりくらい。比菜ちゃんとは初めてですが、飛距離も出るし、これからが楽しみ」と刺激を受けた様子。

 「良い位置にいると思う。しっかり頑張りたい」と2日目の浮上を誓った。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ