「身に付くものばかりだった」松森彩夏、予選落ちも日本開幕戦に手応え | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国女子 > 記事

LPGA JAPAN OFFICIAL SITE

LPGA WORLDWIDE

ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン

  • 期間:2017年02月16日-02月19日、
  • 場所:ロイヤル・アデレードGC(オーストラリア)

「身に付くものばかりだった」松森彩夏、予選落ちも日本開幕戦に手応え

2017年02月17日19時01分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
1 サラ・ジェーン・スミス -9
2 キャロライン・ヘドバル -8
  P・パットラム -8
  リゼット・サラス -8
  マリサ・スティーン -8
6 キャサリン・カーク -7
  マウベ−アイミー・ルブラン -7
  ミン・リー -7
9 エイミー・ボールデン -6
  ハンナ・グリーン -6

順位の続きを見る

松森彩夏は1打届かず予選落ち… この経験を開幕戦に生かしたい(提供:大会事務局)

松森彩夏は1打届かず予選落ち… この経験を開幕戦に生かしたい(提供:大会事務局)

ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 2日目◇17日◇ロイヤル・アデレードGC(6,681ヤード・73)>

米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」の2日目。昨年日本ツアー初勝利を挙げた新鋭・松森彩夏は5バーディ・3ボギーとスコアを2つ伸ばしたもののトータル1オーバーとカットラインに1打足りず予選落ちを喫した。

オフショット写真も充実!松森彩夏特選フォトギャラリー

昨年の7月以来となる米ツアーは決勝ラウンドに進むことはできなかったが、「アプローチとかは良い部分が出ました」と手ごたえも大きかった。「良いショットもいっぱいありましたけど、もったいないショットもありました。課題がはっきりしたので、日本に持って帰って克服したいと思います」。開幕戦に向けてのあと2週間、やるべきことが改めて明確となった。

「すごくタフなコンディションで試合をやらせていただいて、自分の中で身に付くものばかりでした。レベルもすごく高いので、もっともっと上手くなってまた参戦したいと思います」と得たものは大きい様子だった。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ