小宮満莉花、「家が建つくらい」の援助をしてくれた祖父に優勝で恩返し | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内女子 > 記事

国内女子

グアム知事杯女子ゴルフトーナメント

  • 期間:2017年02月16日-02月17日、
  • 場所:レオパレスリゾートカントリークラブ

小宮満莉花、「家が建つくらい」の援助をしてくれた祖父に優勝で恩返し

2017年02月17日17時04分

水掛の祝福を受ける小宮、びしょ濡れだが嬉しそう(撮影:佐々木啓)

グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 最終日◇17日◇レオパレスリゾートCC>

第15回グアム知事杯女子ゴルフトーナメントを制したのは、25歳でプロになった小宮満莉花だった。

グアム熱戦、ついに決着!最終日をフォトギャラリーでチェック

大会最終日の風速は平均10メートル。最高で14メートルの強風で、スコアを落とす選手が続出。そのなかで小宮はどうにか耐えた。4アンダーの単独首位で最終日をスタートしたが、1バーディ・6ボギーと5つスコアを落としてトータル1オーバーでホールアウト。

同じくトータル1オーバーでホールアウトした保坂真由と並び、プレーオフに持ち越されたが、小宮は落ち着いていた。「ティショットでは手が震えていました」というが、1打目をフェアウェイに置き、2打目でしっかりグリーンに乗せて2パットでパー。一方の保坂はパーパットを外し、勝利は小宮の手に渡った。

小宮が喜びの声を上げる。「プロになって初めての優勝ですが、今もまだ信じられないです。去年のステップ・アップ・ツアーのカストロールレディースでは、優勝争いしながらも順位を落としてしまったので、今回は耐えるゴルフができました」。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ