初勝利から1年 野村敏京の世界ランクはどれだけ上がった? | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国女子 > 記事

LPGA JAPAN OFFICIAL SITE

LPGA WORLDWIDE

初勝利から1年 野村敏京の世界ランクはどれだけ上がった?

2017年02月15日15時33分

昨年のオーストラリアンOPで初優勝!世界ランクは1年でどれだけ変わった?(撮影:GettyImages)

<女子世界ランキング>

2月15日(木)、最新の女子世界ランキングが発表された。先週は日米ともに試合がなかったこともあり、トップのリディア・コ(ニュージーランド)らベスト10に変動は無かった。

【関連】米ツアー初優勝!記念すべきカップを掲げて笑顔の野村

昨年の賞金女王イ・ボミ(韓国)は変わらず16位。日本人最上位も変わらず21位の野村敏京がキープしている。

その野村は今週開催の「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」で2017年シーズンをスタート。去年は同大会で初優勝を挙げて以降も活躍、開幕前は67位だった世界ランクは1年で46ランクアップした。果たして今年はどこまで上に行くことができるのか。

【女子世界ランキング】
1位:リディア・コ(10.24pt)
2位:アリヤ・ジュタヌガーン(7.40pt)
3位:チョン・インジ(6.44pt)
4位:フォン・シャンシャン(6.34pt)
5位:レクシー・トンプソン(5.83pt)
6位:ハナ・ジャン(5.49pt)
7位:キム・セヨン(5.34pt)
8位:ブルック・ヘンダーソン(5.27pt)
9位:ユ・ソヨン(5.23pt)
10位:パク・ソンヒョン(5.07pt)
16位:イ・ボミ(3.74pt)
21位:野村敏京(3.09pt)

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ