“若手の登竜門”グアム決戦に挑む100人が発表 ホステス藤田光里らがしのぎを削る | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

“若手の登竜門”グアム決戦に挑む100人が発表 ホステス藤田光里らがしのぎを削る

2017年01月26日07時59分

マスコットキャラを手に笑顔を見せる藤田光里(左)と村田理沙(撮影:福田文平)

<グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 事前情報◇26日◇レオパレスリゾートCC>

2月16日(木)より2日間の日程で開催されるグアム政府観光局主催「グアム知事杯女子ゴルフトーナメント」の出場選手が発表された。

いつもニコニコ笑顔絶やさず!藤田光里フォトギャラリー

第15回を迎える今大会は過去に茂木宏美上田桃子辻梨恵らが出場しており、若手の登竜門といえる試合。今年はこれまでの1月から2月に日程を移して、より国内女子ツアーの前哨戦の意味合いも強まった。

そんな伝統の一戦には100名の選手がエントリー。開催コースであるレオパレスリゾートCC所属のホステスプロ藤田光里、村田理沙をはじめ、ファイナルQT18位の岩橋里衣、同19位の西木裕紀子、27位の竹内美雪らが南国でしのぎを削り合う。

優勝者にチャレンジ賞として「ヤマハレディース」、「ほけんの窓口レディス」の2試合の出場権が付与される今大会。ジャック・ニクラウスとアーノルド・パーマーによって設計されたリゾートコースでカップを掲げるのは?

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ