「良くない中で伸ばせている」松山英樹 ダボを叩くも今大会初の最終日へ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

「良くない中で伸ばせている」松山英樹 ダボを叩くも今大会初の最終日へ

2017年01月15日14時27分

5回目の出場で初めて最終日に進む松山 チャージは見られるか

5回目の出場で初めて最終日に進む松山 チャージは見られるか(撮影:岩本芳弘)

ソニー・オープン・イン・ハワイ 3日目◇14日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

今大会5度目の出場で初めて最終日にコマを進めた。24位タイから出た松山英樹は、6バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの3アンダー、”67”で回り、通算10アンダーとして、16位タイに順位を上げた。

松山英樹の貴重なオフショット 佐伯三貴との勝負に…

「アイアンショットはよくなってきました」と語ったように、出だしの1番、2番でそれぞれ2打目を60センチにつけてバーディ発進。しかし、3番(パー4)では1・5メートルのパーパットを外す。5番(パー4)で2.5メートル、6番(パー4)で1メートルのパーパットを沈めるなど、いいパットも見せるが、グリーン上で苦しむシーンはこの3日間変わらない。

「うまく打ったところで入らなかったり、それが続いてうまく打てなかったり。グリーンの読みだけでなく、打ち方もまとまっていない。何とかしないといけないところがある」

パッティングの状態がよくないことから、10番(パー4)で大きなミスを招いた。351ヤードと距離の短いパー4で、ティショットを329ヤード飛ばしたが右のラフへ。2打目はピンまで31ヤードだが、バンカー越えでエッジから3ヤードのところにピンがある難しい状況。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ