好調の秘訣は? 松山英樹、「自信がないと成績は残せない」 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 米国男子 > 記事

海外男子

ソニー・オープン・イン・ハワイ

  • 期間:2017年01月12日-01月15日、
  • 場所:ワイアラエCC(ハワイ)

好調の秘訣は? 松山英樹、「自信がないと成績は残せない」

2017年01月12日13時52分

初日を明日に控え、プロアマ戦で汗を流した松山英樹(撮影:岩本芳弘)

ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇11日◇ワイアラエCC(7,044ヤード・パー70)>

12日(木)より開幕する『ソニー・オープン・イン・ハワイ』。先週の『SBS トーナメント・オブ・チャンピオンズ』を2位で終えた松山英樹がプロアマ戦で最終調整。2017年初勝利に向けて汗を流した。

【関連動画】松山英樹特集!現在地と今後の目標

『SBS-』では終始ショットへの不安を口にしていた松山。この日も「調子は良くはないです」としながらも、「自信がないとこれだけの成績は残せていない。自信をもってこれからも戦って行きたい」。勝負所でのクラッチパットを決めきれたメンタル面の成長が、好成績に直結しているという。

「コースが狭くなってフェアウェイキープがすごく大事」と警戒する今大会は、松山にとって相性は最悪と言っていい。過去4回中3回で予選落ちを経験。最終日を戦えたことが1度もない忌まわしきコースだが、「それはあんまり気にしないでやりたい」と特別な意識はせず、自身のプレーに集中する構えを見せた。

現在世界ランク6位の松山は同5位のジョーダン・スピース(米国)と約0.02ポイント差と肉薄。今大会で逆転の可能性が大いにあるが、「(意識は)してないです。そこまでこだわっていない」と、こちらも意識外にあることを強調。4度の苦汁を飲まされた地にリベンジを果たすべく、視線はグリーン上のカップだけを見つめている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ