デイはナイキアパレルでマキロイはキャロウェイ?17年クラブ変更状況まとめ | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

デイはナイキアパレルでマキロイはキャロウェイ?17年クラブ変更状況まとめ

2017年01月11日12時40分

評判は上々?ジェイソン・デイのナイキウエア(撮影:岩本芳弘)

米国男子ツアー「SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ」で幕を開けた2017年のゴルフ界。新年早々松山英樹が2位に入るなど盛り上がりを見せているが、新年恒例の話題と言えばクラブなどの用品契約の変更状況だ。すでに開幕している海外男子ツアーを中心に新たな顔ぶれをまとめた。

松山英樹の優勝争いで幕を開けた2017年ゴルフ界

年明け1日に大きなニュースとなったのは世界ランク1位ジェイソン・デイ(オーストラリア)のナイキとのアパレル契約。昨年クラブ事業から撤退したナイキはゴルフアパレル、フットウエア事業への注力を表明していたがそのアイコンとしてデイの獲得に成功した。デイはすでに「SBS―」でスウッシュマークを身にまとってトーナメントを戦っている。

ナイキといえばクラブ事業撤退に伴い契約選手達の新クラブにも注目が集まるところ。ナイキと共にプロ生活を歩んできたといっても過言ではないタイガー・ウッズ(米国)はブリヂストンとのボール契約を発表。昨年の復帰戦「ヒーロー・ワールドチャレンジ」でテーラーメイドのM2ドライバー、スコッティキャメロンのパターなどを使用した。今季の初戦となる「ファーマーズ・インシュランス・オープン」ではそのバッグに何が入っているだろうか。

ローリー・マキロイ(北アイルランド)は欧州ツアー「BMW南アフリカオープン」で2017年をスタートさせるが、こちらも大きなスイッチをすることがすでに報道されている。バッグに入るのはキャロウェイのウッドとアイアンに、タイトリストのウェッジとなる見込み。昨年終盤はテーラーメイドのM2ドライバーを使用していたが、17年初戦はキャロウェイの新モデル「GBB(グレートビッグバーサ)エピック・サブゼロドライバー」を使用する模様だ。

キャロウェイのドライバーは昨年契約外の松山英樹がグレートビッグバーサを使用して秋口から勝利を重ねて注目を集めたが、新モデルもツアープロから高評価。石川遼もすでにテストしており「初速が平均で“1”上がっている」と数字上も結果が出ている。ダニエル・バーガー(米国)といった若手注目株も、その性能にひかれてキャロウェイにスイッチした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ