横田真一、河井博大、堀川未来夢らが予選落ちでシードを失う | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

カシオワールドオープン

  • 期間:2016年11月24日-11月27日、
  • 場所:Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)

横田真一、河井博大、堀川未来夢らが予選落ちでシードを失う

2016年11月25日18時38分

横田真一は無念の予選落ち…今季の戦いを終えた

横田真一は無念の予選落ち…今季の戦いを終えた(撮影:岩本芳弘)

カシオワールドオープン 2日目◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ(7,315ヤード・パー72)>

シード権争いの最終戦となる「カシオワールドオープン」は予選ラウンドを終えて、まずはシード圏外にいて予選落ちを喫した選手のシード落ちが決まった。この日横田真一堀川未来夢河井博大森本雄らが予選通過を果たせず、来季の出場権を失った。

残すは2戦!国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!

賞金ランク97位で今大会を迎えた横田はトータル5オーバーの83位タイで決勝ラウンドに進むことができなかった。ファイナルQT出場の手続きを済ませた横田は「少しモチベーションが下がっているのかなと。敗因は…なんでかな」と首をひねった。

近年は順天堂大学大学院の医学研究科で修士課程を修めるなどプレー外での活動も忙しく、今季はJGTOの理事としても精力的に動いた。もちろんそれを言い訳にするつもりもないが、「毎週会議をしてセッティングのこととか話しているとどっちが本業かわからなくなる」と本音も吐露。「もうやめてスッキリしたいとか考えることもある」とベテランの悩みは深かった。

2011年のメジャー「日本プロゴルフ選手権」優勝で得た5年シードの最終年だった河井はすでに気持ちを切り替えてQTを見すえていた。「4、5試合前からQTに向けてじゃないけどその辺は考えながらやっていた」。レギュラーツアーで戦ううちに飛距離アップを求めて改革を進めていたが、「良いところも全部ダメにしてしまった。飛距離が必要と考えたけど、全部裏目に出た感じ。自業自得ですね」と肩を落とした。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、谷原秀人コンビがタッグ戦に挑む
タッグ戦「チューリッヒクラシック」は27日夜開幕!松山&谷原に期待
森田理香子がステップに参戦
元賞金女王・森田理香子が下部ステップアップツアーに出場。その戦いを大量写真でLIVE配信
青木&ジャンボが共演!
JGTO会長・青木功とジャンボ尾崎が12年以来の同組!「中日クラウンズ」
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
ALBAが追ってきた人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好…も丸裸に!?
セクシークイーンがクルー!!
注目の韓流ナンバー1美人プロ、アン・シネが国内メジャーに参戦!
迷った時にエリカの教え
ラウンド中に簡単にできる改善法を菊地絵理香が伝授。今週は1メートルのパットを外さない極意。
「なぜ250ヤード飛ばない?」
片山晃による新レッスン「なぜ250ヤード飛ばない?」。動画もあって分かりやすさ抜群!
誰も言わなかったことをズバリ!【究極のレッスン】
【カカト軸ジャンプ】【カーリング】今まで誰も言わなかった究極のレッスン!
何でもアンケート
今週のテーマは「サイバーエージェントレディス」優勝者予想と「ゴルフ海外旅行で行ってみたい場所」です。