有村智恵、スコア伸ばせず下位に沈む ファイナルQTへ逆転なるか | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内女子 > 記事

有村智恵、スコア伸ばせず下位に沈む ファイナルQTへ逆転なるか

2016年11月23日19時44分

有村智恵は崖っぷち…最終日に伸ばせるか(写真は日本女子オープン時)(撮影:上山敬太)

A地区とB地区の2か所で開催されている来季への出場権をかけた戦い、サードQTは2日目の競技を終了。泣いても笑っても、ファイナルQTへの出場は明日の結果で決まることとなる。

ドレス姿も!有村智恵フォトギャラリー

A地区のアスレチックガーデンゴルフ倶楽部(茨城県)では、初日に引き続きアン・シネ(韓国)がトータル9アンダーで単独首位をキープ。この日3つスコアを伸ばし、2位に4打差をつける独走を見せている。

トータル4アンダー3位タイグループに大和笑莉奈、トータル2アンダー8位タイグループに武尾咲希蛭田みな美、4アンダーの猛チャージを見せたユン・チェヨン(韓国)がつけている。また、この日イーブンパーとスコアは伸ばせずも、諸見里しのぶがトータル1アンダー13位タイの好位置で最終日を迎える。

初日に2アンダー5位タイの好スタートを切った松森彩夏の実妹、松森杏佳はこの日6オーバーの大叩きで、トータル4オーバー37位タイに後退。斉藤愛璃も3オーバーとスコアを落とし、トータル6オーバー55位タイと苦しい状況にいる。

B地区の有馬カンツリー倶楽部(兵庫県)では、初日に単独首位に立っていた井上沙紀が4オーバーと振るわずトータル1オーバー3位に後退。代わりにイーブンパーでラウンドした辻岡愛理がトータル2アンダー単独首位に立っている。トータル2オーバー4位タイグループに川岸史果、トータル4オーバー11位タイグループに川満陽香理がつけている。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ