【佐藤信人、勝負の明暗】松山英樹、技術・パワー・精神力で他の選手を凌駕 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

【佐藤信人、勝負の明暗】松山英樹、技術・パワー・精神力で他の選手を凌駕

2016年10月18日12時12分

松山、総合力で他の選手を圧倒!(撮影:福田文平)

●素晴らしいのはタテの距離の精度

 日本オープンを制した松山英樹選手。やはりアイアンショットの精度が素晴らしかった。米PGAツアーでも松山選手のアイアンショットはトップレベルだといわれていますが、そのショット力を存分見せてくれました。

【関連】松山、16番でバーディを奪いガッツポーズ!

 本人は荒れているようなことを言っていましたが、最終的にはきっちりと修正してきましたね。打った後に「行け!」とか「GO!」とか言っていましたが、結果は狙ったところから2〜3ヤード狂ったぐらい。普通はアイアンでちょっと弱いときにそういう言葉が出ますので、グリーンまで届いていないのかな、などと想像してしまいますが、彼の場合はミスの度合いがすごい小さい。逆にいえば、求めるレベルが高いからこそ、ああいったフレーズが自然に出てくる。タテの距離の精度は、他の選手を凌駕していました。

 グリーンを外しても、落ち着いてパーを拾うショートゲームの技量も素晴らしかった。日本と海外のグリーンでは傾斜が違うんです。日本のグリーンは速いですし、硬く仕上がれば難しい。でも、アメリカではそれがベースにあったうえで、さらにポテトチップスのような形状で傾斜が日本より複雑。アメリカの場合、ピンに寄せるのに全然違う方向に打たなければいけないこともあります。スロープを使って寄せる、など様々なルートがある場合があります。それを経験してきた松山選手は、イメージを固めやすかったでしょうね。アメリカでのプレーが今回活きたと思います。

 開幕前から大きな期待をかけられ、素晴らしいプレーを期待され、ハードルが高い中で勝ったのはすごいの一言です。ボクだったらプレッシャーに押しつぶされていたでしょうね(笑)。ギャラリーの声援や期待を力に変えることができるのも、トッププレーヤーの素質です。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ