【佐藤信人、勝負の明暗】小平智の“凄み”を感じた9番ホール | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

【佐藤信人、勝負の明暗】小平智の“凄み”を感じた9番ホール

2016年10月25日12時17分

小平、意識の高さを感じさせる勝利だった(撮影:標英俊)

小平智に感じたショット力以上のもの

国内男子ツアーを特選フォトでプレーバック!

 「ブリヂストンオープン」では今季2度目のJGTOセッティングアドバイザーとして、4日間ピン位置を決めました。袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コースのグリーンはマウンドが少なくわりと平坦。良いショットと悪いショットの差をつけるために、天気予報とにらめっこしながらグリーンの四隅に切ることが多かったです。やはり上位に入った選手たちは“楽なサイド”にきちんとつけていましたね。日ごとにグリーンは硬くなっていったので、次第に実力の差が出たと思います。

 その中で優勝した小平智選手の勝因は一言でいえばショット力でした。しかし、今回テレビのラウンドレポーターとして彼の組について、ショット力以上に勝負に対する意識の高さを感じました。

 最終日は風も強く、グリーンのコンパクションも上がり本当に難しいコンディションでした。小平くんはその中で非常に内容のいいゴルフをしていました。精神的にも落ち着いていました。勝負が決まったなと思ったのは16番パー5で彼のセカンドショットがグリーンに乗った時。そこでバーディを奪い、彼が勝つなと確信しました。

 でも、ボクが本当にすごいなと思ったのは9番パー5のバーディ。そこまで1バーディ・ノーボギー。難しい状況なのは本人も分かっていて、いい感じできているなと思っていたことでしょう。風がフォローだったので彼ならティショットをフェアウェイに置けば、十分に2オンが狙えます。バーディ、またはイーグルが計算できるホールです。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ