トーナメントレコードVの時松隆光、初優勝で生まれた“新たな悩み” | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ダンロップ・スリクソン福島オープン

  • 期間:2016年07月21日-07月24日、
  • 場所:グランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県)

トーナメントレコードVの時松隆光、初優勝で生まれた“新たな悩み”

2016年07月24日16時09分

リーダーボード

Pos 選手名 Sco
優勝 時松隆光 -25
2 岩本 高志 -22
3 小田孔明 -20
4 薗田峻輔 -19
5 ジュ・ホンチョル -18
6 イム・ソンジェ -17
7 稲森佑貴 -16
  増田伸洋 -16
  大堀裕次郎 -16
10 S・ハン -15

順位の続きを見る

圧勝で初優勝を決めた時松隆光

圧勝で初優勝を決めた時松隆光(撮影:上山敬太)

<ダンロップ・スリクソン福島オープン 最終日◇24日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード ・パー72)>

 年に一度の東北での戦い。今年は若武者の笑顔が咲いた。福島県にあるグランディ那須白河ゴルフクラブを舞台に開催された「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で初優勝を飾ったのは22歳の時松隆光だった。

国内男子ツアーフォトギャラリー

 2位に5打差をつけて迎えた最終日。「余裕がある」からこそ緊張感が押し寄せた。4番でバーディを先行させたものの、5番からはピンチの連続。6番の2打目はOBぎりぎり、7番でも大きく曲げるなど4連続で2mのパーパットを残した。「前半はバタバタしちゃいましたね」。それでも立て続けに際どい距離を沈めて、2打差で折り返した。

 後半は出だしでボギーを叩いたものの、次の11番でバウンスバック。流れを引き戻すと13、14番と連続バーディ、さらに17番では寄せにいったというバーディパットがそのままカップイン。追いかけてくる岩本高志を一気に振り切り、昨年プラヤド・マークセン(タイ)を1打上回るトーナメントレコードのトータル25アンダーで栄冠を手にした。

 とはいえ18番で待っていてくれた仲間に水をかけられても、初めての勝利は「まだ実感がない」というのが本音。今後に向けても「2勝目」というよりは「これでQTに行かなくていいんだ」という安堵のほうが大きい。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ