第3回ALBAプロアマは室田淳、佐藤靖子が優勝を分け合う | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 国内男子 > 記事

第3回ALBAプロアマは室田淳、佐藤靖子が優勝を分け合う

2015年01月19日17時28分

3代目チャンピオンに輝いた室田淳と佐藤靖子(撮影:福田文平)

<プロアマトーナメント 最終日◇18日◇レイクウッドゴルフクラブ 西コース(男子プロ6,755ヤード、シニアプロ6,696ヤード、女子プロ6,065ヤード・パー72)>

 1月18日、19日の2日間にわたってレイクウッドゴルフクラブ・西コースで開催されている弊社主催の「ALBAプロアマトーナメント」。国内の男子、女子、シニアの総勢40人のプロが参戦する大会で今回が3回目。結果は前年度覇者・室田淳佐藤靖子が5アンダーで並び、同時優勝となった。

ALBAプロアマ』連覇の鉄人・室田 早くも3連覇を意識

 初日を2アンダーで終えた室田。2日目は前半終了時点で3つスコアを伸ばし、首位に立つと最後までその座を譲らず。ホールアウト後には「今日は叩いたよ。3パットもあったし今日はダメだな」といいつつもアンダーで回る選手が少ないなか、さすがのプレーを見せつけた。

 そして女子プロとして初の優勝者となった佐藤。初日は1アンダーだったがこの日は4アンダー。「今日はパターが入った」と多くのプロが傾斜の強いグリーンに苦しむなか、残り4ホールでスコアを2つ伸ばし一気に首位に並んだ。

 1打差4アンダーには野上貴夫貞方章男上平栄道が入った。結果は以下の通り。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ