石川遼、確かな自信を胸に2度目の海外5連戦へ! | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > 米国男子 > 記事

石川遼、確かな自信を胸に2度目の海外5連戦へ!

2012年07月14日00時03分

「米ツアーメンバーになりたい気持ちは強い」と意気込みを語る石川(撮影:ALBA)

 石川遼がメジャー第3戦「全英オープン」から始まる海外5連戦に臨むため、13日深夜出国前に羽田空港で会見を行った。石川は19日(木)からのメジャー第3戦「全英オープン」に出場後、カナダに渡り「RBCカナディアンオープン」に出場。その後、昨年優勝争いを演じた「WGC-ブリヂストン招待」、メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」、「ウィンダム選手権」と5連戦に挑む。

遼、猛追撃2年連続届かず…長嶋氏「また惜しかったね」セガサミーC

 ここまで過密スケジュールをこなしてきた石川はこのオープンウィークは下半身のトレーニングなどは行ったものの、主に休養に充てリフレッシュ。万全の状態で2度目の海外5連戦に挑む。石川は今の心境を「なぜかはわからないけど楽しみ」とコメント。しかし、それは根拠のないものではなく、確かな自信に裏打ちされた正直な気持ちだった。

 先週の「長嶋茂雄招待セガサミーカップ」では初日こそ出遅れたものの、2日目以降は連日60台中盤を並べ3位タイフィニッシュ。前回の海外5連戦で得たコースマネジメントの重要性や、メンタルのコントロール、ショットの安定感を体現して見せ、「今までの石川遼とはまったく違うプレーだった」と自分でも驚くパフォーマンスを披露した。それだけに昨年大会「歯が立たなかった」と振り返る連戦の初戦となる「全英オープン」にも不安はない。「良いゴルフができる気配がある」と初めての挑戦となるロイヤルリザム&セントアンズに期待を膨らませた。

 「米ツアーメンバーになりたい気持ちは強い」とこの5連戦の大きなテーマは米ツアーの賞金シード獲得だが、このスケジューリングには昨年優勝争いを演じた「WGC-ブリヂストン招待」へ万全の状態で臨むという意図も含まれている。「BS招待はチャンスだと思っています。ティから見える情報とか、グリーンを狙っていくセカンドの背景、芝、グリーンのスピードがすごくフィットしていた」。相性の良さを自覚しているトーナメントで好結果を残すために、優勝経験もある「サン・クロレラ クラシック」をキャンセルしても米国連戦に臨む決断をくだした。

 また、今回の遠征ではエースの加藤大幸氏がキャディに復帰。ゴルフ日韓対抗戦「ミリオンヤードカップ」以来のタッグで、2つのメジャーを含む過酷な米遠征を戦っていく。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ