遼、キャビティアイアン投入も実らず…鬼門でまたも予選落ち | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ツアーニュース > 国内男子 > 記事

文字サイズ:

【日本プロ日清カップ】

  • 期間:2012年05月10日-05月13日
  • 場所:烏山城カントリークラブ(栃木県)

遼、キャビティアイアン投入も実らず…鬼門でまたも予選落ち

2012年05月11日19時57分

リーダーズボード

順位 選手名 スコア
1 谷口 徹 -9
2 深堀 圭一郎 -6
3 谷 昭範 -5
  平本 穏 -5
  白 佳和 -5
6 近藤 共弘 -4
  黄重坤 -4
  上田 諭尉 -4
  谷原 秀人 -4
  わたり 哲也 -4

順位の続きを見る

第2ラウンドからは1年ぶりにキャビティアイアンを使用したが…

第2ラウンドからは1年ぶりにキャビティアイアンを使用したが…(撮影:上山敬太)

<日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯 2日目◇11日◇烏山城カントリークラブ(7,193ヤード・パー72)>

 国内男子メジャー「日本プロゴルフ選手権日清カップヌードル杯」。石川遼は初日のサスペンデッドで持ち越した第1ラウンドの最終9番ホールから、2日目のプレーをスタートした。

「石川遼1打速報」で全ストロークを振り返る

 その9番をパーで終え、2オーバー86位タイから第2ラウンドをスタートした石川は2番パー3でバーディを先行させるも、4番で1メートルのパーパットを決めきれずボギー。さらに、8番でも3パットのボギーと、課題のパッティングが決まらずこの日もスコアを落としてしまう。最低でもバーディを奪ってカットラインに近づいておきたかった17番パー5では、ティショットを右に大きく曲げてロストボール。結局スコアを伸ばすどころか、1つ落としトータル3オーバー72位タイで予選落ちとなった。

 第2ラウンドからは、アイアンをマッスルバックから1年ぶりにキャビティタイプのものにチェンジ。「マッスルバックだとつかまえようとしてフェースローテーションを使いすぎてしまう。キャビティだとつかまりがいいので体の回転を使って打てる」という狙い通り、この日はパーオン率も上昇しチャンスを作ったが、パッティングが思うように決まらない。12番で唯一ともいえる4メートルのバーディパットを決めたものの、見せ場はこの1つだけだった。

 ジュニア時代から数え切れないほどのラウンドをこなし、「グリーンの形状を頭に描ける」と知り尽くしていたはずだったが、メジャー仕様に変貌を遂げた烏山城はこれまでの記憶にあるコースとは別物だった。「グリーンが今までで一番速かった。知らない傾斜もあって難しく感じましたね」。コースを知り尽くすがゆえに、少しの違和感に敏感に反応してしまったことも苦しんだ要因の1つのようだ。日本プロはこれまで5回の挑戦で予選通過は昨年大会の1度のみ。今大会は慣れ親しんだコースで気合いも十分だったが、またも鬼門に跳ね返される結果となった。

< 前のページ 最初   12   最後

気になるキーワード

スポンサードサーチ

ALBA おすすめ

注目!

おすすめキーワード

ピックアップコンテンツ