池田勇太、今季初優勝!苦しみながらも土壇場で勝負強さ発揮 | ALBA.Netのゴルフニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ツアー情報 > ツアーニュース > 国内男子 > 記事

ツアーニュース > 国内男子 > 記事

文字サイズ:

【サン・クロレラ クラシック】

  • 期間:2011年07月28日-07月31日
  • 場所:小樽カントリー倶楽部(北海道)

池田勇太、今季初優勝!苦しみながらも土壇場で勝負強さ発揮

2011年07月31日17時25分

相性のいい北海道でツアー通算9勝目を挙げた池田勇太

相性のいい北海道でツアー通算9勝目を挙げた池田勇太(撮影:岩井康博)

サン・クロレラ クラシック 最終日◇31日◇小樽カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー72)>

 国内男子ツアー「サン・クロレラ クラシック」。トータル14アンダーの単独首位からスタートした池田勇太が苦しみながらも逃げ切り今季初優勝。ツアー通算9勝目で来週からスタートする「WGC-ブリヂストン招待」、「全米プロゴルフ選手権」の米国2連戦へ弾みをつけた。

勇太“64”で首位浮上も「誰が勝つか知ってるのは神様だけ」

 3日目の“64”から一転この日は“72”のパープレー。数字からもこの日苦しんだのが見て取れる。「本当に運に見放されてると思った。バンカーに入れば目玉だったり、アゴが近かったり。ガマンしかないとキャディとも話していた」7番でバーディを奪ってからは、まさにガマンの展開。13番では3パットでボギー、続く14番ではセカンドがバンカーで目玉となりボギーを叩くと、15番で序盤のトリプルボギーから盛り返してきた平塚哲二に並ばれた。

 しかし、「今日は平塚さんはしつこいだろうと思っていた。キーは平塚哲二だと」覚悟を決めて最終日に挑んでいた池田にあせりはなかった。勝負どころの17番で5メートルを沈め一歩抜け出して最終ホールを迎えると、最終18番では先に打った平塚がカップをなめるスーパーショットで1メートルにつけたのに対し、「動揺とかはなかった。俺も打てば寄るだろって感じだった。冷静でしたね」185ヤードを6番アイアンでピン手前1.5メートルにピタリ。苦しんだ今大会でも抜群の勝負強さを発揮して優勝をもぎ取った。

 「嬉しいし、優勝も決まったけど、物足りなかったね。もうちょっと平塚さんとやりたかった」この日は池田も平塚も上がりホールに来てようやくエンジンがかかってきただけに、これから面白くなるところでの終戦に複雑な思いもあったが、何をおいてもこれで待望の今季初勝利。「あんまり早期ではないけど1勝出来て良かった。これで2勝、3勝と続けて4勝以上を目指したい」年間最多勝、そして賞金王という目標を掲げて臨んでいる今季。今大会が大爆発の第一歩となるか。

< 前のページ 最初   12   最後

PR

PR

気になるキーワード

スポンサードサーチ

PR

PR

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ

おすすめキーワード