国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > 本当に飛ぶドライバー決定戦

本当に飛ぶドライバー決定戦

決勝ラウンド ヘッドスピード別3人のプロが、本当に飛ぶドライバーを決める!

予選ラウンドを勝ち進んだ15本が挑むのは、プロゴルファー3人による決勝ラウンド。
ヘッドスピードの異なる3人のプロの試打によって
今年の飛距離ナンバー1ドライバーが決定する!

  • かみや・ゆきひろ ティーチングプロでありながら、クラブフィッター、スポーツシューフィッターとしてマルチに活躍する
  • たかしま・みゆき '08年にプロ入りしツアーでも活躍。安定したスイングで、どんなクラブでも確実にフェアウェイをとらえる
  • いたみ・だいすけ  187cmの長身から繰り出す豪快かつ正確なショットに定評があり、クラブに対する造詣が深い
対戦ルール
決勝ラウンドは15本を5本ずつ3つのブロックに分けて行った。決勝に進むのは各ブロック1位の1本のみ。順位の決定は、テスターごとにブロックの中で1位から5位まで順位づけし、1位を5点、2位を4点…5位を1点として、3人の合計ポイントで決めた。最後に行われる決勝は3本による飛距離対決。テスター3人の平均飛距離が一番飛んだものを優勝とした。
  • 決勝ブロックの
    組み合わせが決定
    決勝ラウンドのブロックはAからCまでの3つ。組み合わせは、3人のプロが15本のクラブが描かれた札を順番に引き、Aブロックの1番から順番に当てはめていく方式で決定した。
  • 計測方法 フェアウェイに残ったボールのうち、明らかなミスショットを除く3球の飛距離を実測し、平均飛距離を出した。ボール初速、打ち出し角、スピン量は弾道計測器「GC2」で測定した。

決勝Aブロック

バランスがよくて振りやすいセミアスリートモデルがそろったAブロック。実力が拮抗していて本命は不在。かなりの接戦が予想される中、唯一予選1位通過の「TW727 455s」と、本誌注目の「XR」に期待がかかる。

  • iDナブラ RS01

    プロギア

    iDナブラ RS01

    低スピンの強弾道で
    大健闘するも
    僅差の2位

    HS50m/sの伊丹プロは、吹き上がらない低スピンの弾道でもっとも飛んだ。キャリーを伸ばすにはHSが必要。

  • J715 B5

    ブリヂストン

    J715 B5

    スピンがしっかり
    かかったきれいな
    ハイドローが打てる

    重心バランスがよくて操作性が高く、きれいなハイドローが打てる。もう少しスピン量が少なければさらに飛ばせそう。

    商品ページへ

  • 915D3

    タイトリスト

    915D3

    パワーのある人が
    ハイフェードで
    ターゲットを狙う

    ソールの溝効果でロフトなりに球が上がってハイフェードが打てる。自分で球をつかまえられるパワーヒッター向き。

    商品ページへ

  • XR

    キャロウェイ

    XR

    ヘッドスピードに
    関係なく安定して
    飛距離が出た

    弾きがよくてボール初速が出るし、打ち出し角、スピン量すべての数値が適正でトータルバランスに優れている。

    商品ページへ

  • TW727 455s

    本間ゴルフ

    TW727 455s

    打感の柔らかさと
    操作性の高さは
    トップクラス

    ボールがフェースにくっつくような柔らかい打感が魅力。飛距離だけでなく、操作性や打感にこだわる人にオススメ。

    商品ページへ

  • シャフトが勝手に仕事をしてヘッドが走ってくれます
    ※ボール初速、打ち出し角、スピン量の数値は3人の平均値

振り抜きのよさが抜群の「XR」が決勝進出

Aブロック1位は、神谷プロと高島プロがもっとも飛んだ『XR』。フェースの弾きのよさに加え、ボール初速、打ち出し角、スピン量のバランスがよくコンスタントに飛んだが、3人が口をそろえていうのが振り抜きのよさだ。「このクラブは空力効果をうたっていますが、シャフトにも加速感があって驚くほどヘッドが走ります。これも飛距離に大きく影響しています」(高島)

また、惜しくも2位だったが健闘したのが『iDナブラRS01』だ。「スピン量の少なさと球の強さは一番でした。ヘッドスピードの速い人ほど飛ばせそうですね」(伊丹)。

『J715 B5』『915D3』『TW727 455s』の3本について神谷プロは、「この3本も飛距離に大きな差はありませんでしたが、操作性や打感の柔らかさを求めたことで、ややスピン量が増えたことが決勝進出を逃した原因ですね」と分析する。

決勝Bブロック

本命は予選でも強さを見せた「G30 LSテック」。それに対抗するのは、HS40m/sで強さを見せた長尺の「グローレF」と、弾きの強い中弾道で飛ばせる「ヴェイパー プロ」「JPX850」「RMX ツアーモデル」の3本だ。

  • ヴェイパープロ

    ナイキ

    ヴェイパープロ

    ヘッドスピードの
    速い人が飛ばせる
    ハードモデル

    低弾道・低スピンでランが出る半面、キャリーを出してトータル飛距離を伸ばすには、ある程度のパワーが必要。

  • グローレF

    テイラーメイド

    グローレF

    HS45m/s以下で
    強さを発揮し
    僅差の2位と健闘

    球が上がりやすくてつかまりがよく、適正スピンの高弾道ドローが打てる。HS40〜45m/sで威力を発揮する。

    商品ページへ

  • JPX850

    ミズノ

    JPX850

    しなりの大きい
    シャフトとの
    相性が勝敗を分ける

    弾きの強さは折り紙つきだが、しなりの大きいシャフトはスイングタイプによって相性の良し悪しが分かれる。

  • RMX ツアーモデル

    ヤマハ

    RMX ツアーモデル

    飛びと操作性の
    バランスが取れた
    アスリートモデル

    糸を引くようなきれいな弾道。球筋を操作するスピンが飛びに影響した。

  • G30 LSテック

    ピン

    G30 LSテック

    重ヘッドなのに
    振り遅れず
    安定して飛ばせる

    重ヘッドパワーと低スピンの飛びは健在。HS40m/sでも振り遅れず、安定して飛ばせたことが勝利につながった。

  • ヘッドの力がボールにしっかり伝わっているのを感じます
    ※ボール初速、打ち出し角、スピン量の数値は3人の平均値

ヘッドスピードが遅くても飛ばせる「G30 LSテック」

予選の勢いそのままに決勝に勝ち進んだのが『G30 LSテック』。HS50 の伊丹プロだけでなく、HS40 の高島プロも飛ばせたことが勝利につながった。「通常は重ヘッドで低スピンだと、ヘッドスピードが遅い人は失速することが多いのですが、このクラブはもともと深重心で打ち出しが高く、キャリーを出せるのが特長です」(伊丹)。

予選の勢いそのままに決勝に勝ち進んだのが『G30 LSテック』。HS50 の伊丹プロだけでなく、HS40 の高島プロも飛ばせたことが勝利につながった。「通常は重ヘッドで低スピンだと、ヘッドスピードが遅い人は失速することが多いのですが、このクラブはもともと深重心で打ち出しが高く、キャリーを出せるのが特長です」(伊丹)。

残りの3本も健闘したが、『ヴェイパー プロ』は高島プロが球を上げきれず、『RMX ツアーモデル』は操作性が高い分、スピン量が増えたことが順位を上げきれなかった原因。また、『JPX850』はシャフトのしなりが大きく、タイミングが取りやすい人と取りにくい人がいることが明暗を分けた。

決勝Cブロック

何と5本中4本が予選1位通過という強豪がそろった“死の組”。注目は「D-1 MAXIMA TYPE-G」「マジェスティ ロイヤルブラック」の長尺と、「FLY Z+」「スリクソンZ945」「EZONE Tri-G」の強弾道との対決だ。

  • D-1 MAXIMA TYPE-G BEYOND POWER

    リョーマゴルフ

    D-1 MAXIMA TYPE-G
    BEYOND POWER

    ゆったりと
    スイングする人が
    大きく飛ばせる

    シャフトはタイミングを取りやすいが、しなりが大きくHSが遅めの人向き。

  • FLY Z+

    コブラ

    FLY Z+

    パワーのある人が
    叩けば叩くほど
    飛距離が伸びる

    スイートエリアが広く直進性が高い。男子プロは飛んだが、高島プロは重さで振り切れず飛距離が伸びなかった。

    商品ページへ

  • EZONE Tri-G

    ヨネックス

    EZONE Tri-G

    つかまりがよく
    左が気になる人は
    振り切れないことも

    つかまりがよくスライサーは大幅に飛距離を伸ばせるが、左が気になる人は、思い切り振れない可能性がある。

  • スリクソンZ945

    ダンロップ

    スリクソンZ945

    強弾道で飛ばせるが
    キャリーの差で
    決勝進出ならず

    パワーのある人が、低いフェードボールでラインを出すのに最適。弾道が低く思ったほどキャリーが伸びなかった。

    商品ページへ

  • マジェスティ ロイヤルブラック

    マルマン

    マジェスティ
    ロイヤルブラック

    長尺なのに
    シャープに振れて
    つかまりのよさも◎

    46.5インチなのに45インチ感覚で振れるから、HSに関係なく飛ばせる。

  • 長尺なのに振り遅れないし当たり負けもしません
    ※ボール初速、打ち出し角、スピン量の数値は3人の平均値

長尺なのに振りやすい「マジェスティ」に軍配

長尺対決を制し、強弾道モデルにも打ち勝ったのが『マジェスティ ロイヤルブラック』。ヘッドスピードが上がるだけでなく、スピン量が増えないことも飛ばせる秘密だ。「マジェスティというとシニア向けというイメージでしたが、このクラブはHS50 のボクが打っても振り負ける感じがまったくなく、強い球が打てますよ」(伊丹)

もう1本の長尺『D-1 MAXIMA TYPE-G BEYOND POWER』に関しては、「ヘッドの弾きもいいし、すごくタイミングも取りやすいのですが、シャフトが少し柔らかい気がしました。ある程度ヘッドスピードが遅めの人のほうが飛ばせそうです」(神谷)

『EZONE Tri-G』はプロにとってはつかまりのよさがマイナスに。『FLY Z+』『スリクソンZ945』は、パワーがないとクラブのポテンシャルを生かしきれなかった。

最終決戦に臨むのはこの3本!

A・B・Cの各ブロックを勝ち抜いた3本のぶっ飛びドライバー。
最後は3人の平均飛距離で本当に飛ぶドライバーNo.1を決めた。
  • Aブロック キャロウェイ XR

    商品ページへ

    ヘッドの加速感と強い
    弾きが飛びの原動力

    【伊丹】軽量で振りやすいのにスピン量が増えすぎないので、ヘッドスピードの速い人が打っても飛ばせます。
    【神谷】純正シャフトのレベルが高いですね。しなり戻りが速くて、ヘッドが加速する感覚があります。
    【高島】フェースの弾きが強いのに、ボールがフェースにくっつく感覚があって気持ちよく飛ばせますね。

  • Bブロック ピン G30 LSテック

    ミスヒットに対する
    強さも飛びにプラス

    【伊丹】構えると44.5インチくらいに見えて安心感があります。ヘッドが重い分、ミスヒットにも強いですね。
    【神谷】インパクトでヘッドが当たり負けせず、少々アゲインストでも低スピンボールが前に伸びてくれます。
    【高島】重ヘッドなのに振り切れるし球が上がりやすいですね。キャリーが出るからHS40m/sでも飛びました。

  • Cブロック マルマン マジェスティ ロイヤルブラック

    長尺なのに振り遅れず
    低スピンボールが打てる

    【伊丹】スイング中、ヘッドがどこにあるかを感じられるので、長いのに振り遅れないし芯で打てます。
    【神谷】長尺なのに球が上がりすぎず、スピン量も少なめです。キャリーとラン、両方で飛ばせます。
    【高島】Sだとかなりしっかり感があって、私にはちょっとしんどいくらい。弾道もけっこう強いですよ。

↓

予選、決勝と長丁場のテストを勝ち抜いたのはピンの「G30 LSテック」。ヘッドの重量パワーと低スピンの弾道で勝ち進み、最後は強敵を抑えて僅差での勝利となった。

ヘッドスピードに関係なく飛ばせるクラブが強かった

決勝戦は予想以上の激戦となったが、僅差で優勝したのは「G30 LSテック」。わずか1.3ヤード差の2位が「マジェスティ ロイヤルブラック」3位は「XR」という結果になった。この3本に共通するのは、ヘッドスピードの異なる3人のプロが全員飛距離を出せたこと。特に「G30 LSテック」は重ヘッドで低スピンにもかかわらず、打ち出し角が確保されているのでHS40 の高島プロも飛ばすことができる。また、「マジェスティ ロイヤルブラック」は46・5インチの長尺にもかかわらず、振り応えのあるシャフトとスピン量が増えすぎないヘッドで、HS50の伊丹プロが打っても振り遅れたり吹き上がる感じがなかった。

予想を見事に的中させたのは金谷多一郎プロ

事前予想で1位の「G30 LSテック」と2位の「マジェスティ ロイヤルブラック」を見事に的中させた金谷プロ。スイングの美しさもさることながら、クラブの性能を見極める眼力はさすがです!

あとは、好みの長さや重さ、打ちたい弾道で
自分に合うクラブを選び、
自分史上、最高の飛びを手に入れよう。

全てのドライバーを見る

ドライバーカタログ
ドライバー図鑑
ドライバーのライ角
その飛距離は本当か?
特集一覧を見る