国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > キャロウェイ新シリーズのテーマは“スピード” ドライバーもアイアンもボールも飛距離が伸びたって

キャロウェイ新シリーズのテーマは”スピード”ドライバーも!アイアンも!ボールも!飛距離が伸びたって!? 新クラブの情報を求めて、アルバ特派記者が米国キャロウェイ本社に潜入。すると、ありました!新クラブの山。ドライバーやアイアン、ボールまでの<br>フルラインナップが揃っている。はたして、どんなクラブなのか?

米国カールスバッド本社に潜入取材!最新テクノロジーがいっぱい!

今年も革新的な
テクノロジーが誕生!

雲ひとつない澄み渡った青空。降水量が少なく、年間を通じて温暖な気候に恵まれるカールスバッドにキャロウェイ本社はある。
ここでは、日々テクノロジーの研究・開発が進められ、「ビッグバーサ」といった革新的なクラブが生み出されてきた。今回発表されたのは、Xシリーズの最新モデル「XR」や「クロム ソフト」ボールなど。同社CEOのチップ氏によれば、「技術革新となるようなテクノロジーを開発した」というが、その全貌とは?

新シリーズの名前は「XR」

「X HOT」シリーズ最新作の名前は「XR」。
Rとはレーシングを意味し、最先端のテクノロジーによって“レーシングカー”のような驚異のスピードを実現したクラブに仕上がっている。

300ヤードスプーンのテクノロジーがアイアンに!今度のアイアンは+2番手飛ぶらしいぞ!?

XRシリーズ最注目は「カップフェース」を搭載したアイアンだ。
開発者のルーク氏によれば、飛距離を追求したモデルで“+2番手”伸びるとか…
その驚きのテクノロジーとは!?

アイアン用カップフェースで反発力を最大限高めた

これまでフェアウェイウッドやユーティリティに搭載してきた「カップフェース」の技術をアイアンに応用。フェース全面で高い反発力を実現すると同時に、耐久性も高めている。また、カップフェース構造にすることで、フェース中央部を薄く仕上げることができ、ボール初速を最大限に伸ばしている。

開発者の証言1 ミスしても飛距離が落ちません グローバル・プロダクトストラテジーシニアディレクターフィッティング・アイアン担当 ルーク・ウィリアムズ

デモンストレーションを行ったルーク氏。その飛距離は7番で200ヤードという驚異的なものだった

XRアイアン □ ロフト/30度(7I) □ ライ/62.5度(7I) □ シャフト/XR(S・R)、□ N.S.PRO950GH(S・R)

驚異の飛距離!7番で200ヤード

XRアイアンのインパクトをシミュレーションした画面。フェースの高い反発力が見て取れる

2ピース構造で重心を下げたからすごくボールが上がる

「360°カップフェース」で反発力を高めると同時に、ボディ部分には「インナーウェイト」を配置することで、ヘッドの低重心化を図っている。これによって、ボールをやさしく上げることができ、高初速・高弾道の球筋でボールを飛ばすことができる。高い飛距離性能だけでなく、やさしさも備えているのだ。

開発者の証言2

高いボールでピンを狙えます ディレクター R&D アイアン・ユーティリティ担当 スコット・マンワーリング

キャロウェイのその他のアイアンはコッチ

クラウンに飛びの秘密が!ドライバーは空気力学で飛距離アップ!?

革新的なアイアンが登場したけど、はたしてウッドは?どうやら今度のドライバーはクラウンの工夫によって飛距離を伸ばしているようだ。

スイング中の
空気抵抗が減るからヘッドが走る

新開発の「スピード・ステップ・クラウン」は、ダウンスイングでの空気抵抗を軽減する効果がある。結果、ヘッドスピードが上がるという。実際に試打した深堀圭一郎プロも「振りやすさが感じられる」とその効用を話した。

開発者の証言 3 グローバル・プロダクトストラテジー ディレクターウッド・ゴルフボール担当 ジェイソン・フィンリー

XRドライバー □ ロフト/9.0度、10.5度 □ ヘッド体積/460cm3 □ シャフト長さ/45.5インチ □ フレックス/S・SR・R

どこまでも“スピード”にこだわった 飛びシリーズの進化形

XRシリーズのテーマは“スピード”の追求。ドライバーはクラウンの工夫によって空気抵抗を軽減し、アイアンは新開発のフェースによってボール初速を高めた。全てはスピードを上げることで、飛距離を伸ばすためだ。
今回の取材中、最新クラブの試打を行った深堀圭一郎プロ※はその性能に驚きの声。特に、アイアンについて「カップフェースが初速を出してくれる。ロフトが立ってるわけじゃないのに飛ぶのは不思議」と話した。

※深堀圭一郎:68年生まれ。12年からキャロウェイと総合契約。今季は05年以来となるツアー通算9勝目を目指す

XR フェアウェイウッド □ ロフト/3W(15.0度)、4W(17.0度)、5W(19.0度)、7W(21.0度)、9W(23.0度)、11W(25.0度) XR ユーティリティ □ ロフト/3H(19.0度)、4H(22.0度)、5H(25.0度)、6H(28.0度) □ フレックス/S・SR・R □ フレックス/S・SR・R

開発者の証言 4 シニアマネージャー R&D ウッド担当 エヴァン・ギブス

新開発のフェースはミスヒットにも強い

ビッグバーサアルファ815シリーズで発表された「R・MOTOフェース」はXRにも搭載されている。スイングエネルギーを効率よくボールに伝え、圧倒的な反発力を発揮する。高反発エリアが広く、寛容性の高さも魅力だ。

キャロウェイのその他のドライバーはコッチ

ミケルソンも一目惚れ!キャロウェイの自信作は“常識を変えるボール”

社長のチップ氏が「ボールの業界を変えるボール」と豪語する「クロム ソフト」。
その中には、長い年月をかけた技術の結晶が詰まっていた。

革新的なコアによってやわらかいボールでも
初速が伸びる!

これまでコアのやわらかいボールは、ロングショットでスピンが抑えられるメリットがある一方、硬いものに比べて初速が伸びないという欠点があった。しかし、「クロム ソフト」は、コアの原材料の配合に試行錯誤を重ね、コアのやわらかさを残しつつ、高い反発力を持たせることに成功した。

CHROME SOFT ボール □ ボール構造/3ピース □ コア/ソフト・ファスト・コア 中間層/アイオノマーカバー/極薄ソフトウレタン □ カバーパターン/ヘックス・エアロネットワーク・パターン

パッケージはきれいな赤

極薄ウレタンカバーでスピン性能も抜群!

コアによって飛距離性能を高めた「クロム ソフト」だが、カバーに極薄ウレタンを採用することで高いスピン性能も同時に実現している。実際、このボールを試打した深堀圭一郎プロは、「安定したスピンでグリーンに止まる。打ち出しの高さが揃うのもいいね」とボールのスピン性能とコントロール性の高さを絶賛した。

開発に時間がかかりました シニアディレクター R&D ゴルフボール担当 デイブ・バーテルズ

試作を繰り返してコアが完成!

原材料の配合によってコアの性質は変わる。
試作を重ねることで革新的なコアが完成した

「私のゲームを変える」ミケルソンが絶賛したボール

キャロウェイと契約を結ぶフィル・ミケルソンは昨年に「クロム ソフト」をテスト。もともと、ツアー選手に向けて開発されたボールではなかったが、そこでミケルソンは「今までで最高のボールだ」と話し、「私のゴルフというゲームを変える」と話したという。
「やわらかいボールは初速が伸びない」。それがこれまでのゴルフボールの常識だった。しかし、新開発の「ソフト・ファスト・コア」を採用した「クロム ソフト」は、やわらかいフィーリングを残しつつ、ツアーボールに匹敵する反発性能を持っている。まさに“常識を変える”ボールに要注目だ。

キャロウェイのその他のボールはコッチ

ODYSSEY WORKS オデッセイ新シリーズは名器2ボールが進化したぞ!

ツアーで高い使用率を誇るオデッセイの最新シリーズが「オデッセイ・ワークス」。「FUSION RXインサート」が強い順回転のコロがりを生み出すモデルだ。注目は、2ボールの進化形「2ボール ファング」。また、ヘッドのコントラストが特徴的な「ビッグTアライメント」も追加され、豊富なラインナップも魅力だ。

FUSION RX インサート

インサートに網目状のステンレスを装着。絶妙なフィーリングと高い直進性が特長

形状が進化! 2-BALL FANG

開発者いわく「2ボール史上最強のパター」。アライメント部分の素材を変えることで重量を再配分し、より正確な打ち出しと安定したコロがりを実現した

BIG T アライメント

日本でも人気のある「V-LINE」のヘッド形状に、大きなT字のアライメントをプラス。正確なセットアップと打ち出しを可能にするモデルだ

キャロウェイのその他のパターはコッチ

キャロウェイの商品を見る