国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > 2014年最新ドライバー図鑑

安くていいものが欲しい!値段と性能で選ぶユーティリティカタログ


カリスマフィッター&人間試打マシーンが、新作ドライバー21本を打ちまくり!21本の新作ドライバーを試打。どんな球が出るのか、またどんな人に合うのかを中心に性能を調査した。

カリスマフィッター
鹿又 芳典

'68年生まれ。千葉県でゴルフショップマジックを経営。的確なクラブ診断とフィッティング技術で、アマチュアだけでなくプロからも高い信頼を得ている。
自身もハンデ0の競技ゴルファー。ヘッドスピードは43〜45m/s

【カリスマフィッター/鹿又芳典】
人間試打マシーン
田辺 ナオキ

'85年生まれ。ALBA.net担当編集にして、'12年JGTO2ndQT進出という経歴を持つ。人気コーナー「TANABEEの人間試打マシーンへの道」で、日々最新クラブを試打レポート中。ヘッドスピードは48〜50m/s

【人間試打マシーン/田辺ナオキ】
ドライバー性能分布図
ドライバー性能詳細
アイアン性能詳細

かっこいいのに打ちやすいドライバーがズラリ!飛距離・操作性・やさしさを備えた「バランス型」が主流。

最新ドライバーの特徴は、黒ヘッドの多さからもわかるようにアスリートモデルの充実ですね。

そうですね。でも、これまでと違うのは、本当の上級者しか打てないバリバリのアスリートモデルじゃなく、誰もがやさしさや打ちやすさを感じられるモデルが多いことです。

確かに、見た目は精悍で、アスリートが求める操作性や球の強さを備えているけど、打つとやさしいモデルが多かったです。

つい最近までは浅重心のドライバーが流行っていたけど、最新モデルに浅重心をうたっているモデルは1本もありません。それよりも球が上がってつかまるバランスの取れたモデルが多いから難しさを感じないんです。

だから性能分布図を見ても、中心近くのバランスのいいところに集まっているんですね。

最近はアスリートも難しいだけのクラブではなく、飛距離が出てミスを軽減してくれるクラブを求める傾向があります。今年のモデルはその要求にマッチしたモデルが多いですね。それを可能にしているのが、今年のドライバーの特徴である新しい技術です。

それは“溝”ですか?

はい。「915シリーズ」や「グローレ」のソールの溝をはじめ、「J715」シリーズのフェースの溝など、今年は溝がポイントです。それに外からは見えないけど、「RMX」や「オノフ」もヘッドの内部に溝がついています。

溝があることでどんなメリットがあるんですか?

モデルによって違いますが、スイートエリアが広くなったり、球が上がりやすくなったり、低スピンになったり。すべて飛んで曲がらない機能につながっています。

バランスといえば気になったのが、アベレージモデルといわれるクラブに、アスリートも打てるようなしっかりしたモデルが多かったことです。

確かに「ビッグバーサベータ」や「マジェスティ」のように、軽量や長尺なのにハードヒッターが打っても振り遅れたり当たり負けしないモデルが多かったですね。これは、ヘッドだけでなく、シャフトの進化が大きく影響しています。

アスリートモデルがやさしくなって、アベレージモデルがしっかりしてきたら、お互いの差がだんだん縮まってきますよね。

確かに、これからはどんなクラブでもイメージやスペックの数値だけで判断せずに、実際に打ってみることが大事になりますね。

鹿又&田辺の結論【今年はアスリートモデルの当たり年!】
スリクソンZ945
SLDR S
スリクソンZ745
スリクソンZ545
G30
RMX TOURMODEL
915D3
iD nabla RS 01
MPクラフト
915D2
オノフドライバークロ
iD nabla RS 02
J715 B5
J715 B3
マジェスティロイヤルブラック
グローレF
RMX01
ロイヤルDTP
RMX02
アクセルBL
ビッグバーサベータ
ドライバー性能分布図
ドライバー性能詳細
アイアン性能詳細

値段と性能ドライバー

ブリヂストン訳あり