国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ 第24回

Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ

24

「クラブを見直すだけで8割のゴルファーがスコアアップできる」と断言するカリスマフィッター鹿又芳典がクラブで上達するための考え方をレクチャーする。

解説・鹿又芳典
'68年生まれ。千葉県でゴルフショップ「マジック」を経営。的確なクラブ診断と卓越したフィッティング技術で、アマチュアだけでなくプロからも高い信頼を

ドライバー新時代の到来
“軽いから飛ばない”“重いから振り切れない”は
信じちゃダメ!

ドライバーにはヘッドスピードに対する長さと重さの基準がある。一般アマチュアの平均であるヘッドスピード40m/sの場合、45〜46インチで290〜300gというのが目安になるが、最近はそれに当てはまらないクラブが増えていると鹿又氏はいう。

重さの概念を打ち破ったゼクシオ8ドライバー

ヘッドスピードに対する長さと重さの基準は、ヘッドが460cm³になった8年くらい前からほとんど変わっていません。ヘッドスピードに対して軽いクラブは、気持ちよく振れる半面、「重量パワーが使えない」「スピン量が増える」「スイングの再現性が低くなる」といったデメリットが指摘されています。実際に使っている人を見ても飛距離に結び付かないことが多く、ボク自身もお客さんに「そんな軽すぎるクラブはダメですよ」とアドバイスしてきました。

しかし、その基準を打ち破ったのが、「ゼクシオ8ドライバー」です。クラブの総重量は270g台という超軽量ですが頼りなさがなく、力のある人が振ってもクラブの動きをコントロールできます。また、エネルギーがしっかりボールに伝わるので飛距離も落ちません。これまでにも、シニア層をターゲットにした軽量ドライバーはありましたが、そういったクラブとは一線を画しています。

また、「ゼクシオ8」はクラブの重量配分の常識も覆しました。クラブは、ヘッド、シャフト、グリップの3つで構成されていて、ヘッドが190〜200g、シャフトが50g台、グリップが50g前後というのが、ここ何年も変わっていない一般アマチュア向きの値です。ところが「ゼクシオ8」は、ヘッド重量は標準なのに、シャフトは40g台の軽量で、グリップにいたっては27gという驚きの軽さです。今までの常識からは考えられないような重量配分ですが、実際に打ってみると、これまで言われていた軽量クラブのデメリットは感じられず、メリットである振りやすさが大幅にアップしています。

数字だけではクラブの性能がわからない時代になる

イラスト・北沢夕芸

なぜ、こういうクラブができるかというと、ヘッド、シャフト、グリップがそれぞれ進化しているからです。シャフトは軽いのにしっかり感のある素材を使ったり、重心を手元側に持ってくるなど設計技術によって、40g台でも重さを感じて振れるものや、力のある人が振っても当たり負けしないものが増えました。ヘッドも重心設定の自由度が上がったことで、大型でもコントロールしやすくなっていますし、グリップも太いのに軽いものができるようになっています。

これらの進化は、本当は重いのに重さを感じることなく振れるクラブにもつながっていくでしょう。実際にヨネックスの「EZONE XP」のように、320g近い重さがありながら、ヘッドスピードが遅めの人でも振り切れるドライバーも登場しています。もちろん、すべてのクラブがそうとは限りませんが、これからはクラブの性能を数字だけでは判断できない時代になるはずです。

そういう意味では、今クラブは大きな革新の時代に入っています。革新というと、どうしてもカチャカチャのような目に見えるテクノロジーが注目されがちですが、2014年は目には見えにくい形で、長い間変わらなかったクラブの常識が大きく変わっていくような気がします。


  • Dr.鹿又総合TOP
  • 値段と性能で選ぶギア大集合
  •  本当に飛ぶドライバー決定戦
  • 初代ゼクシオと 8代目ゼクシオ ガチで飛距離を測ってみました
  • 特集一覧を見る