国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ 第16回

Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ

16

「クラブを見直すだけで8割のゴルファーがスコアアップできる」と断言するカリスマフィッター鹿又芳典がクラブで上達するための考え方をレクチャーする。

解説・鹿又芳典
'68年生まれ。千葉県でゴルフショップ「マジック」を経営。的確なクラブ診断と卓越したフィッティング技術で、アマチュアだけでなくプロからも高い信頼を

打感の良し悪しは
スコアに影響するか?

打感の柔らかさにこだわってクラブを選ぶ人は多い。しかし、打感の良し悪しがスコアに影響するのはショートゲームだけで、フルショットをするクラブの打感は気にする必要はないと鹿又氏は言う。

ショートゲームは打感が距離感を左右する

ゴルファーの中には、クラブを選ぶときに打感が硬いか柔らかいかを気にする人が結構います。ドライバー以外は、おおむね柔らかい打感が好まれる傾向がありますが、打感がプレーにどれくらい影響しているかを理解している人は少ないですね。

打感が直接プレーに影響する筆頭はパターです。パターの打感は距離感を合わせたり、インパクトの強弱にとても影響を及ぼします。ストロークしたときに、インパクトで感じる打感と、球の出るスピードのイメージが違うと距離感を合わせることができないからです。例えば、その人の硬さの基準よりも打感が硬いと、ボールがコロがりすぎるイメージになってインパクトがゆるみやすくなります。逆に、打感が柔らかいとコロがらないイメージになって、強くインパクトする傾向があります。

また、打感はボールによっても大きく変わります。よって、パターを選ぶときは、自分が使っているボールでいろいろなパターを打ってみて、打感とコロがりのイメージが一致するパターを探すことが大切です。

ショートゲームでのウェッジの打感も同じです。インパクトの打感と、自分がイメージしている球が出るスピードが一致しないと、狙ったところに打つのが難しくなります。つまり、力を加減しながら自分の感覚で距離感を合わせるショートゲームやパッティングにおいて、打感は非常に大切な要素なのです。

フルショットは打感よりも結果を優先しよう

この打感、ちょうどいいかな

イラスト・北沢夕芸

しかし、ドライバーアイアンなど、フルショットするクラブの打感については、ボクはほとんど気にする必要はないと思っています。いくら打感がよくても、今使っているクラブよりも飛距離が伸びていなかったり方向性がよくなっていなければ、クラブとしての戦闘能力は上がっていないからです。

また、ドライバーアイアンの打感が硬いと、どこに飛んで行くかわからないという人がいますが、それはスペックが合っているかどうかの問題で打感とは関係ありません。それよりも、打感が硬くて弾くけど、ラクに球が上がって10ヤード飛ぶクラブのほうが、間違いなくスコアはよくなります。

昔、ドライバーがパーシモンからメタルになったとき、プロゴルファーもアマチュアも「打感が硬いし打球音がうるさくて嫌だ」という人がほとんどでした。しかし、明らかに飛距離が伸びると誰も文句を言わなくなり、そのうち「打感が硬いほうが飛んでいる気がする」と言うようになりました。このように、フルショットの打感に関しては慣れの問題で、結果がよければ気にならなくなるものです。

もちろん、打感や見た目の美しさにこだわるのもゴルフの楽しみの1つですが、スコアをよくしたいなら、打感よりも飛距離や方向性に優れた、自分の戦闘能力を上げてくれるクラブを選んでほしいですね。


  • Dr.鹿又総合TOP
  • 値段と性能で選ぶギア大集合
  • ボール統一表
  • レインウエア
  • 特集一覧を見る