国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ 第14回

Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ

14

「クラブを見直すだけで8割のゴルファーがスコアアップできる」と断言するカリスマフィッター鹿又芳典がクラブで上達するための考え方をレクチャーする。

解説・鹿又芳典
'68年生まれ。千葉県でゴルフショップ「マジック」を経営。的確なクラブ診断と卓越したフィッティング技術で、アマチュアだけでなくプロからも高い信頼を

スコアメイクにはマイナス
ぶっ飛びスプーンの落とし穴

今、巷で大人気のぶっ飛びスプーンだがいつでもどこでも誰にでも飛ばせるクラブではないと鹿又氏は指摘する。 しかも、使い方を誤るとスコアを落とす原因にもなるというのだ。ぶっ飛びスプーンを“戦力”としてバッグに入れるために知っておくべきこととは?

地面から打つのはギャンブルショットと同じ!?

ドライバー並みの飛距離が出ると、ゴルファーの注目を集めているぶっ飛びスプーンですが、バッグに入れるかどうかを考える前に思い出してほしいことがあります。それは、そもそもスプーンはセットの中で一番難しいクラブだということ。特にボールが低スピンになっている今、ヘッドスピード45 以下の人がロフト15度のスプーンで地面から球を上げるのは、かなり困難だといえます。

そして、人気のぶっ飛びスプーンはというと、重心位置を浅く低くすることでスピン量を減らし、低弾道の強い球で飛ばす設計になっているモデルがほとんど。普通のスプーンでもなかなか打てないのに、さらに球が上がりにくくなったぶっ飛びスプーンを地面から打つのは非常に難しく、打ちこなすにはかなりのヘッドスピードとミート率が必要になります。

つまり、上手く当たったときは100点満点の飛びが得られる半面、ヘッドスピードが遅いアベレージゴルファーにとっては、高い確率で30点以下のショットが出るのがぶっ飛びスプーンです。これでは、まるで一か八かのギャンブルショットと変わりありません。ですから、地面から打つことが前提なら、誰もが飛ばせるクラブではないという認識のうえで、買うかどうかを決めてほしいのです。

スコアを重視するなら深重心のスプーンを選ぼう

スコアを重視するなら深重心のスプーンのイメージ図

イラスト・北沢夕芸

そんなぶっ飛びスプーンも、ティアップすれば問題なく打つことができます。また、ラフでボールが浮いていたり、左足上がりのライといった、ティアップしているのと同じようなロケーションのときにも、その威力を発揮します。

特にドライバーがコスリ球で飛距離をロスしている人にとっては、ドライバーよりもロフト角があってつかまりがよく、なおかつヘッド重量があるので、ドライバーと同じか、それ以上飛ぶこともあります。ですから、ヘッドスピードが遅めの人でも、ティショット用としてならバッグに入れるのはアリですし、ドライバーが苦手な人にとっては、非常に使い勝手のいいクラブだといえます。

しかし、地面から打つのがメインなら、ぶっ飛びスプーンはナシ。巷で流行している“浅重心”とは真逆の“深重心”モデルを選ぶのが賢明です。深重心モデルは、打ち出しが高い上にスピンがかかる“飛ばないけどやさしく打てるスプーン”で、ヘッドスピードが遅くても安定してキャリーを出すことができます。また、ロフト角が16度や17度と多めのクラブも、深重心と同じ効果があります。

これらのスプーンは、ぶっ飛びスプーンのような100点も出るけど30点以下も出るクラブではなく、70点のショットが安定して打てるのが特長です。ですから、スプーンを地面から打つ人でスコアを優先するなら、深重心の方が断然オススメです。

確かに“ぶっ飛び”という言葉は魅力的ですが、人によっては使える状況が限られたクラブであるということを知っておいてください。そして、自分がどういうシチュエーションで使うかを考えてから選べば、スプーンを貴重な戦力として活用することができますよ。


  • Dr.鹿又総合TOP
  • 値段と性能で選ぶギア大集合
  • ドライバー図鑑
  •  夏ラフ特集
  • 特集一覧を見る