国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ 第11回

Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ

11

「クラブを見直すだけで8割のゴルファーがスコアアップできる」と断言するカリスマフィッター鹿又芳典がクラブで上達するための考え方をレクチャーする。

解説・鹿又芳典
'68年生まれ。千葉県でゴルフショップ「マジック」を経営。的確なクラブ診断と卓越したフィッティング技術で、アマチュアだけでなくプロからも高い信頼を

カチャカチャドライバーの
正しい使い方を教えます!

今年発売されたドライバーの半数近くが、ライ角やフェース角などを自分でカチャカチャ調整できる可変式ドライバーになっている。
そこで今回は、可変機能を最大限に生かすための正しい“トリセツ”を鹿又氏に伝授してもらった。

まずはフェース角を構えやすい向きに合わせる

可変式ドライバー

イラスト・北沢夕芸

可変式ドライバーを使っているのに、買ってから一度もカチャカチャしたことがないという人がけっこういます。ポジションをやたらと変えるのも考えものですが、より自分に合う設定が見つかる可能性があるのに、もったいないですね。

可変式ドライバーを買ったら、最初にチェックしてほしいのがフェース角です。フェース角は球をつかまえたい人はクローズ、左に打ちたくない人はオープンだと思われていますが、そうではありません。なぜなら、フェースが閉じていると引っかけそうに見えて、インパクトでフェースを逃がし、スライスやプッシュアウトを打つ人がいるからです。逆にフェースが開いていると、つかまえようとしてフェースを急激に返し、引っかけやチーピンが出ることもあります。

フェース角によって決まるのはつかまりではなく、構えやすさとスイング軌道です。例えば、フェースがクローズだと、シャットフェースのままアウトサイドに上げやすいですし、オープンだとフェースを開きながらインサイドに上げるイメージが持てます。よって、自分のスイングとフェースの向きが合っていないと、スムーズに振ることができないのです。人気クラブの中には、ニュートラルでもフェース角が2度くらい開いているものもあるので、まずはフェース角をスムーズにテークバックできる向きに調整しましょう。

もし、どこが構えやすいかわからないときは、フェース角が一番大きく変わるポジションで構えてみてください。最大で±2度まで変えられるなら、ニュートラル、2度クローズ、2度オープンで構えてみれば、合う合わないの傾向がわかります。その後、構えやすいポジションから少しずつ角度を変えていけば、自分にとってのニュートラルポジションが見つかります。

カチャカチャは微調整のみクラブの性能は変わらない

フェース角が決まったら、次は実際に打って弾道をチェックしましょう。そのとき、もう少し球をつかまえたい場合は、ライ角をアップライトにするかロフト角を増やす方向に調整します。逆に、つかまりを抑えたい場合は、ライ角をフラットにするかロフト角を減らす方向に調整すればOKです。フェース角で弾道を変えようとすると、先ほど言ったような逆球が出る恐れがあるので要注意です。

ライ角やロフト角を変えると連動してフェース角も変わってしまう場合は、構えやすさと弾道のバランスを見ながらベストなポジションを探してください。もし、ウェイトでつかまりを調整できる機能がついていれば、最初に試してみるのもいいでしょう。

ただし、一番大切なのは最初から基本性能が自分に合ったクラブを選ぶことです。もしクローズフェースが好きな人が、ニュートラルの時点でオープンフェースのクラブを買うと、どんなに調整してもベストポジションに持ってくるのは難しいからです。可変機能はどんなクラブも自分好みに変えられる魔法ではなく、あくまでも微調整だということを忘れないでください。

  • Dr.鹿又総合TOP
  • 値段と性能で選ぶギア大集合
  • 815VS915
  • ドライバー図鑑
  • 特集一覧を見る