国内最大級の品揃え!ゴルフギア、ゴルフウェア、ゴルフ小物など、ゴルフ用品の通販ならALBA ゴルフSHOPにお任せ!

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフSHOP > 特集一覧 > Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ

Dr.鹿又の毒になるクラブ薬になるクラブ

「クラブを見直すだけで8割のゴルファーがスコアアップできる」と断言するカリスマフィッター鹿又芳典がクラブで上達するための考え方をレクチャーする。

解説・鹿又芳典
'68年生まれ。千葉県でゴルフショップ「マジック」を経営。的確なクラブ診断と卓越したフィッティング技術で、アマチュアだけでなくプロからも高い信頼を
  • 1

    クラブが “14本しかない”と
    考える人は上達が速い

    クラブが “14本しかない”と考える人は上達が速い

    上達するのが速い人と遅い人の違いは決して練習量だけではないと鹿又氏は言う。
    スイングと同じくらい真剣にクラブと向き合えば上達のスピードは一気にアップするのだ。

    詳しく見る

  • 2

    クラブのスペックに踊らされないゴルファーになるには?

    クラブのスペックに踊らされないゴルファーになるには?

    クラブマニアを自認する人の中にはスペックや数値をピッタリ合わせないと気が済まない“数値至上主義”の人がいる。
    しかし、数値にこだわりすぎることで逆に振りにくくなることもあるというのだ。

    詳しく見る

  • 3

    クラブが短くなるほど
    重くなるのはナゼ?

    クラブが短くなるほど重くなるのはナゼ?

    セッティングを語るときによく耳にする重量フローという言葉。クラブが短くなるに従って重くなる「重さの階段」のことだが、セッティングで失敗しないために知っておきたい正しい重量フローの考え方につ…

    詳しく見る

  • 4

    “実力よりも少し難しいクラブを使うと上達できる”は本当か?

    “実力よりも少し難しいクラブを使うと上達できる”は本当か?

    ゴルファーにとって難しすぎるクラブを使うのは百害あって一利なし。
    では、どんなクラブを使えばもっとも速く上達できるのかを鹿又氏に聞いた

    詳しく見る

  • 5

    “やさしいクラブでは
    上達できない”はウソ!

    “やさしいクラブでは上達できない”はウソ!

    前号では、きちんと練習をするなら、自分の実力より少し難しいクラブが効率よく上達できるという話を聞いた。
    では、練習する時間のない人が上手くなるにはどんなクラブを選べばいいの?

    詳しく見る

  • 6

    “飛ぶアイアンは使いにくい”
    って誰が決めた?

    “飛ぶアイアンは使いにくい”って誰が決めた?

    ロフトが立っていて飛距離を重視した飛ぶアイアンに対しては賛否両論ある。
    しかし、否定派の人が言うデメリットよりもアマチュアゴルファーにとってメリットのほうが断然多いと鹿又氏は言う。

    詳しく見る

  • 7

    「上がる」「つかまる」が
    ユーティリティを選ぶ条件

    「上がる」「つかまる」がユーティリティを選ぶ条件

    ドライバーのシャフトにはこだわるのにアイアンのシャフトは何の迷いもなくスチールを選ぶ人が多い。しかし、多くのアマチュアゴルファーにとってメリットが大きいのはカーボンだと鹿又氏は言う。

    詳しく見る

  • 8

    “ウッドのシャフトは番手ごとに
    10gずつ重くする”は○か×か?

    “ウッドのシャフトは番手ごとに10gずつ重くする”は○か×か?

    クラブセッティングにおいて最も重要でなおかつ失敗しやすいのが、クラブが短くなるほど重くなる重量フローの原則。中でもアマチュアゴルファーに多いのがドライバーとフェアウェイウッドのシャフト重量…

    詳しく見る

  • 9

    ドライバーの“一ケタ”ロフトは
    ハイリスク&ローリターン!?

    ドライバーの“一ケタ”ロフトはハイリスク&ローリターン!?

    ロフトが立っているほうが飛ぶからと、いまだに8.5度や9度といった少ないロフトのドライバーを好む人が多い。しかし、アマチュアゴルファーにとってはハイリスク&ローリターンの危険を伴う選択だと…

    詳しく見る

  • 10

    52・58よりオススメ!
    ウェッジのロフト実は50°・56°がやさしい

    52・58よりオススメ!ウェッジのロフト実は50°・56°がやさしい

    プロ・アマ問わず、ウェッジのロフトで一番多いのは52度のAWと58度のSWという組み合わせ。しかし、アマチュアにとって52・58は決してベストな選択ではないと鹿又氏は言う。その理由とは?

    詳しく見る

  • 11

    カチャカチャドライバーの
    正しい使い方を教えます!

    カチャカチャドライバーの正しい使い方を教えます!

    今年発売されたドライバーの半数近くが、ライ角やフェース角などを自分でカチャカチャ調整できる可変式ドライバーになっている。そこで今回は、可変機能を最大限に生かすための正しい“トリセツ”を鹿又…

    詳しく見る

  • 12

    “スチールはカーボンより
    曲がりにくい”はウソ!

    “スチールはカーボンより曲がりにくい”はウソ!

    ドライバーのシャフトにはこだわるのにアイアンのシャフトは何の迷いもなくスチールを選ぶ人が多い。しかし、多くのアマチュアゴルファーにとってメリットが大きいのはカーボンだと鹿又氏は言う。

    詳しく見る

  • 13

    バンカーが苦手な人には
    幅広ソール&グースネックのウェッジがいい!

    バンカーが苦手な人には幅広ソール&グースネックのウェッジがいい!

    ザックリ連発でバンカーから出ない。何とかボールを飛ばそうと力を入れてホームラン…。そんなバンカーが苦手な人に鹿又氏がオススメするのが、幅広ソール&グースネックのバンカー専用ウェッジだ。

    詳しく見る

  • 14

    スコアメイクにはマイナス
    ぶっ飛びスプーンの落とし穴

    スコアメイクにはマイナスぶっ飛びスプーンの落とし穴

    今、巷で大人気のぶっ飛びスプーンだがいつでもどこでも誰にでも飛ばせるクラブではないと鹿又氏は指摘する。 しかも、使い方を誤るとスコアを落とす原因にもなるというのだ。ぶっ飛びスプーンを“戦力”としてバッグに入れるために知っておくべきこととは?

    詳しく見る

  • 15

    正しく距離を打ち分ける秘訣は
    番手間の“オーバーラップ”にあり

    正しく距離を打ち分ける秘訣は番手間の“オーバーラップ”にあり

    コースマネジメントでもっとも重要なのが、状況に応じて最適なクラブを選ぶこと。しかし、アマチュアゴルファーの多くが、残りの距離だけを頼りに番手を選んで失敗していると鹿又氏は言う。

    詳しく見る

  • 16

    打感の良し悪しは
    スコアに影響するか?

    打感の良し悪しはスコアに影響するか?

    打感の柔らかさにこだわってクラブを選ぶ人は多い。しかし、打感の良し悪しがスコアに影響するのはショートゲームだけで、フルショットをするクラブの打感は気にする必要はないと鹿又氏は言う。

    詳しく見る

  • 17

    クラブを買い替えるのに
    ベストなタイミングとは?

    クラブを買い替えるのにベストなタイミングとは?

    この秋、話題の新製品が続々と発売されて「新しいクラブがほしい」と思っている人も多いはず。しかし、クラブを買い替えるタイミングと、その選び方には注意が必要だと鹿又氏は指摘する。

    詳しく見る

  • 18

    小型ドライバーは
    今後も生き残れるか?

    小型ドライバーは今後も生き残れるか?

    ドライバーのヘッド体積が大型化している中で、今年発売されたモデルには体積が430cm³以下の小型ヘッドが多かった。このブームが今後も続くのか鹿又氏に尋ねたところ、数年後には終息している可能性が高いという答えが返ってきた。その真意とは?

    詳しく見る

  • 19

    グリップは“硬さ”で
    選ぶのが正解!

    グリップは“硬さ”で選ぶのが正解!

    ヘッドやシャフトに比べてイマイチ注目度の低いグリップ。しかし、クラブと自分を結ぶ唯一の接点であるグリップは、選び方を間違えるとスコアや飛距離に影響を及ぼす可能性があると鹿又氏は指摘する。そこでグリップを選ぶときに注意すべきポイントを聞いた。

    詳しく見る

  • 20

    長尺はドライバーの主流に
    なれる?なれない?

    長尺はドライバーの主義になれる?なれない?

    今年の秋モデルには47・75インチというルール限界ギリギリの長尺ドライバーが続々登場。ゴルファーの長尺への注目度が高まる中、失敗しない長尺選びのポイントと、長尺が今後さらなる広がりを見せるかについて鹿又氏に聞いた。

    詳しく見る

  • 21

    実は意外と難しい
    ユーティリティ選びの落とし穴

    実は意外と難しいユーティリティ選びの落とし穴

    今やユーティリティはドライバーやアイアンのように、1つのジャンルとして、その地位を確立していると鹿又氏は言う。そして、自分に合うユーティリティを選べるかどうかでスコアが大きく変わるというのだ。

    詳しく見る

  • 22

    寒い時期に力を発揮する
    冬用のクラブってあるの?

    寒い時期に力を発揮する冬用のクラブってあるの?

    寒い日のゴルフはスコアも飛距離も伸びないのが一般的。では、そんな常識をクラブで打ち破るにはどうすればいいのか。また、冬専用のクラブというものがあるのかどうかを鹿又氏に聞いた。

    詳しく見る

  • 23

    ユーティリティもいいけど…
    メリットがいっぱいある
    ショートウッドにも注目!

    ユーティリティもいいけど…<br>メリットがいっぱいある<br>ショートウッドにも注目!

    最近ではさまざまなユーティリティが発売され、その注目度はアップしている。その陰で存在感が薄くなった感のあるショートウッドだが、ヘッドスピードが遅い人にとっては依然として必要不可欠なクラブだと鹿又氏はいう。

    詳しく見る

  • 24

    ドライバー新時代の到来
    “軽いから飛ばない”“重いから振り切れない”は信じちゃダメ!

    ドライバー新時代の到来“軽いから飛ばない”“重いから振り切れない”は信じちゃダメ!

    ドライバーにはヘッドスピードに対する長さと重さの基準がある。一般アマチュアの平均であるヘッドスピード40の場合、45〜46インチで290〜300gというのが目安になるが、最近はそれに当てはまらないクラブが増えていると鹿又氏はいう。

    詳しく見る

  • 25

    大叩きを防ぐ魔法の杖
    真剣にスコアアップを目指すなら
    “お助けクラブ” を入れよう!

    大叩きを防ぐ魔法の杖真剣にスコアアップを目指すなら“お助けクラブ” を入れよう!

    なかなかスコアを伸ばせないという人に共通しているのが、必ずどこかで大叩きをしていること。「あのOBや池ポチャがなければ90を切れたのに…」と悔やまないために鹿又氏が推奨するのが、ミスを最小限に抑えるお助けクラブだ。

    詳しく見る