ゴルフレッスン誌ALBA(アルバ)と増刊、ムックなど読むと絶対上手くなる刊行物をご案内。ゴルフレッスン雑誌の紹介は、ゴルフのポータルサイトALBA.Netにおまかせ!

-
-
-
-
-

ゴルフ情報ALBA.Net > 雑誌紹介TOP > 最新号紹介

  • Vol.718[2月23日号](2017年2月9日発売)
  • 特別定価 ¥600

ヘッドスピードが5m/s上がった!

真実のインパクト

巻頭特集

ヘッドスピードが5m/s上がった!

真実のインパクト

ダスティン・ジョンソンは、インパクトでここまで腰が開いている。右足は強く地面を蹴り、そのパワーをしっかり左足で受け止める。驚異的な飛距離は、下半身の力を余すことなくボールに伝えているからこそ生まれるのだ。大丈夫、アマチュアにだって難しくない。振り遅れとは無縁の“真実のインパクト”をマスターしよう!

特集をチョイ見せ!(PDF)

好評連載

最旬イチ押し大解剖

世界が絶賛する松山英樹の50ヤード

豪快なドライバーに切れ味鋭いアイアン、ショットが注目されがちな松山だが、実はアプローチ技術も世界のトッププロから一目置かれている。特に40〜60ヤードはアマチュアが苦手な距離だ。世界が絶賛する松山英樹の50ヤードからヒントを得よう。

特集企画

ミスショットの8割はアドレスが原因です!

どっしりアドレスでスライスが直った!

「スイングはアドレスで決まる」といっても過言ではない。そもそも正しい姿勢を作れていなければ、体はスムーズに動いてくれないからだ。米ツアー選手のどっしりアドレスを真似すれば、即効でボールがつかまり出すぞ。

連載企画@

新苦手克服シリーズ

真冬仕様限定のPAR3の攻め方

18ホール中、4ホールあるパー3は、大叩きをさけてスコアをまとめたいところだが、真冬のゴルフではそう簡単にはいかない。寒さや着膨れでスイング中の体の動きが悪く、ひとつ間違えるとティショットで大ケガを招く。それをどう防ぐか!? 真冬ならではのクラブ選択も大きなウエイトを占めるようだ。

連載企画A

芹澤信雄が教えてくれた

入れていいバンカーとダメなバンカー

バンカーに苦手意識を持っている人は多い。しかし、過剰に避けてばっかりでは、スコアは作れない。入れていいやさしいバンカーと、入れてはいけない難しいバンカーを見極めることが大切なのだ。

▲このページのTOPへ


ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ