ゴルフレッスン誌ALBA(アルバ)と増刊、ムックなど読むと絶対上手くなる刊行物をご案内。ゴルフレッスン雑誌の紹介は、ゴルフのポータルサイトALBA.Netにおまかせ!

-
-
-
-
-

ゴルフ情報ALBA.Net > 雑誌紹介TOP > 最新号紹介

新連載@

ボクが考えるスイングのコツ

松山英樹 明日はメジャー!

世界一とも称される松山英樹のショット。利き手である右手を上手く使うことで飛距離が伸びて、精度も上がるという。その使い方を教えてもらおう。

巻頭特集

最新アイアンレッスン

すくい打ち超改善

ダウンブローに振っているつもりでも、なぜかすくい打ちになってしまう。その原因はどこにあるのだろうか。プロとアマのインパクトイメージの違いから、すくい打ちになる原因を解明した!

特集をチョイ見せ!(PDF)

4号連続 短期集中連載

ゴルフの定説に疑問! 第1回

「軸は背骨」っていわれて実際に意識できる?

「背骨を軸とイメージし、軸を中心に体を回転させる」。いわばゴルフスイングの定説だが、自分でやってみるとできないというゴルファーが多数派だ。軸の考え方を改めて上達のキッカケをつかもう。

新連載A

コースではシンプルが一番!

菊地絵理香 迷った時にエリカの教え

フェアウェイが広いホールやドラコンがかかったホールなど、「1ヤードでも遠くに飛ばしたい!」というシチュエーションによくある。そんなときにナイスショットをするコツとは?通算2勝目をあげたばかりの「エリカの教え」を聞いてみよう。

新連載B

スコアは頭で作る

芹澤信雄のコースマネジメント保険

残り80〜100ヤードは、ピッチングウェッジ以下の短いクラブで打てるので絶対に乗せたい。でも上手く打てたと思っても、ショートしたりグリーンを外すことが多い。どうしてなの?

センター企画

いまこそグリップ総点検!スイングを直すより効果あり!

握り方でミスは防げる

唯一、体とクラブの接点でもあるグリップ。ついつい楽な握り方をしてしまいがちだが、実はスイングをいじるより、簡単で効果があるらしい。そろそろ握り方を見直して、ミスを減らしませんか!?

▲このページのTOPへ


おすすめコンテンツ

松山英樹、谷原秀人コンビがタッグ戦に挑む
タッグ戦「チューリッヒクラシック」は27日夜開幕!松山&谷原に期待
森田理香子がステップに参戦
元賞金女王・森田理香子が下部ステップアップツアーに出場。その戦いを大量写真でLIVE配信
青木&ジャンボが共演!
JGTO会長・青木功とジャンボ尾崎が12年以来の同組!「中日クラウンズ」
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
ALBAが追ってきた人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好…も丸裸に!?
セクシークイーンがクルー!!
注目の韓流ナンバー1美人プロ、アン・シネが国内メジャーに参戦!
迷った時にエリカの教え
ラウンド中に簡単にできる改善法を菊地絵理香が伝授。今週は1メートルのパットを外さない極意。
「なぜ250ヤード飛ばない?」
片山晃による新レッスン「なぜ250ヤード飛ばない?」。動画もあって分かりやすさ抜群!
誰も言わなかったことをズバリ!【究極のレッスン】
【カカト軸ジャンプ】【カーリング】今まで誰も言わなかった究極のレッスン!
何でもアンケート
今週のテーマは「サイバーエージェントレディス」優勝者予想と「ゴルフ海外旅行で行ってみたい場所」です。