【安藤秀ゴルフレッスン 2回目】スイング中のタメを作る | 安藤秀のコンバインドプレーン理論〜完全版〜

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン > レッスン関連コラム > 記事

【安藤秀ゴルフレッスン 2回目】スイング中のタメを作る

コンバインドプレーン理論を考案し、多くのゴルファーから熱い支持を受ける安藤秀。そんな人気プロが、撮り下ろし動画レッスンをひっさげてアルバネットに登場!

カテゴリ:

2017年09月26日

コンバインドプレーン理論に基づいたタメの作り方

 アルバネットをご覧の皆様、コンバインドプレーン理論考案者・プロゴルファーの安藤秀です。


 私は、最新クラブはこれまでの1枚板のスイングプレーンではなく、2つのタテプレーンとインパクトプレーンを組み合わせたスイングが最も効率よくスイングできる、という『コンバインドプレーン理論』を提唱しています。


 2回目のテーマは「タメのあるスイングの作り方」です。第1回でレッスンした「正しいスイング軌道を身につけるドリル」に少し要素を加えるだけで習得できるので、練習場などで是非実践してみてください。

スイングは右手人さし指で上げて左手で下ろす

 2回目に紹介するのは、「タメが作れるドリル」です。


 ヘッドスピードを上げて飛距離を最大限に伸ばすために、ダウンスイングで作ったタメをインパクト直前で解放する必要があります。この理屈を多くのアマチュアは理解しているのですが、実際にはなかなかうまくできていません。


 しかし、今回紹介するドリルなら、だれでも簡単にタメを作ることができます。


 第1回で右足くるぶしに向かって2回真っすぐ振り下ろし、3回目でその動きに体の回転を加えて実際にボールを打つ、というドリルを紹介しました。このドリルの途中、3回目で実際にボールを打つ動きの時、テークバックを右手人さし指で上げ、ダウンスイングは左手で下ろす、という意識を持ってください。


 右手人さし指でクラブを上げ、トップの位置に来る前に左手でクラブを下げていきます。この2つの動作が重なることで、手首が正しいコッキングの動きになりタメを作ることができるのです。

タメが作れるドリル
ステップ1 右手人さし指を強く意識してテークバック

 
右手人さし指主導でクラブを上げていく

ステップ2 トップ位置に行く前に左手でクラブを下ろし始める

左手でクラブを下ろし始めたら、右手は脱力してタメを作る
1 2

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?