業界初【グラフェン】採用の新『CHROME SOFT』に桃子&深掘&石川遼、おったまげる | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

業界初【グラフェン】採用の新『CHROME SOFT』に桃子&深掘&石川遼、おったまげる

18.01.10 11:59

新素材の【グラフェン】が導入されてさらにパワーアップ!

 

新素材の【グラフェン】が導入されてさらにパワーアップ!(撮影:ALBA)

キャロウェイゴルフが2018年春の新製品を発表。中でもゴルフ業界で使用されるのは初めてという新素材を用いたボール『CHROME SOFT』シリーズに、発表会に登場した契約プロの深堀圭一郎上田桃子石川遼が絶賛の声を寄せた。

従来のモデルも「やわらかいのに“ぶっ飛ぶ”」という謳い文句で打ち出されてきたが、2018年の新モデルでは新素材の【グラフェン】が導入されてさらにパワーアップ。デュアル・ソフトファスト・コアの外側にこの素材が入ることで、ボールのエンジンとも呼べるインナーコアを大きくでき、大幅な初速アップに成功したという。

【グラフェン】とは、2010年のノーベル物理学賞受賞者の研究対象素材で、炭素原子が蜂の巣状に結びついたシート状の物質で、炭素同士の結合がダイヤモンドよりも強いと言われている。これでアウターを薄くでき、コアを大径化したことで、ソフトな打感をキープしつつもスピン量を軽減。打ち出し角も高く、初速アップで飛距離性能がさらに向上しているのだ。

すでに試打を行った深堀は、「ウレタンカバーが柔らかくなっているので、ショートゲームでも、しっかり振りながら飛距離をコントロールできる。なんとなく止まるのではなく、止めたい所にしっかり止めることができるから、狙って止めたい、転がしたいなど僕らの動きにしっかり合わせて使えるボールです」と、まずはショートゲームを絶賛。

さらに、昨年11月からテストを続ける2017年モデルとの打ち比べでは、常にティショットで平均8〜10ヤードの飛距離アップを記録していると興奮気味に語る。「この距離を努力で伸ばすのがどれだけ大変なことか。2018年はグラフェンに助けられる選手がかなり増えるね」と驚きをあらわにした。これには上田桃子も「どれだけ筋トレすれば8ヤードも飛距離アップできるのか、想像もつかないレベル」と応じていた。

同じく試打を終えた石川も「僕も、ドライバーもアイアンもサイドスピンが減っている気がしますし、弾道がさらに高くなっていて点も大きくて、キャリーが伸ばせます。グラフェンという素材が、新たな一歩になるのではないかと期待しています」と、その性能を実感していた。

⇒キャロウェイ『ROGUE』シリーズの全貌が判明!!砂時計型の2本の柱がFW&UTにも!

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2018年シーズン開幕! SMBCシンガポールオープンのニュースをチェック
石川遼、S・ガルシア、宮里優作ら注目選手がシンガポールに集結!新シーズン初戦を制するのは!?
「キャリアビルダー・チャレンジ」 リーダーボード
米国男子ツアー「キャリアビルダー・チャレンジ」リーダーボードを配信! 優勝カップは誰の手に!?
谷原秀人出場!「アブダビHSBC選手権」のニュースをチェック!
欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」が開幕。谷原の他、DJやR・マキロイら強敵が多数出場!トッププレーヤーが多数集結する今大会を制するのは誰?
アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?