【ツアーで見つけた旬ギアネタ】話題の『P790』に飛びつく男子プロ、「とにかく上がるし良い顔」 | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

【ツアーで見つけた旬ギアネタ】話題の『P790』に飛びつく男子プロ、「とにかく上がるし良い顔」

17.10.03 14:31

I・J・ジャンが投入した『P790』の4I。「上がるのに普通に良い顔なんだ」

 

I・J・ジャンが投入した『P790』の4I。「上がるのに普通に良い顔なんだ」(撮影:和田彭郎)

中空構造でヘッド内部に『スピードフォーム』と呼ばれる樹脂を注入するテーラーメイド『P790』アイアン。その構造はPXGから「特許侵害だ!」と訴えられたことは既報のとおり。さて、カスタムメイドモデルとして日本上陸も決定しているが、早速国内男子プロたちも食いついたようだ。

⇒PXGが噛み付いた、話題の『P790』がついに!テーラーメイドがカスタム対応機種を追加
⇒高額がかかるプレーオフでも使用者増の『P790』。PXGは地団駄!?

ツアーで供給開始するや否や、気に入って使用を始めたのは44歳のI・J・ジャン。「もうこの歳だから道具に頼ってボールを高く上げやすいものを選んでいます」と、早速『P790』の4I、5Iを投入した。弾道は本人が言うとおり確かに高く、ウッド型UTのような高い放物線で200ヤード以上先にキャリーを届かせていた。

「歳をとると年々ボールが上がりづらくなるのはボクたちプロも同じですよ。だから、アイアンも『グローレF2』に替えていますし、4I、5Iは『P790』に替えました。すごく球が上がりやすいし、良い顔で構えやすいのが嬉しいです」(I・J・ジャン

また、同社ツアー担当の真野義英氏によれば、ショーン・ノリスも『P790』に飛びついたという。しかも、ジャンやPGAツアープロたちのようにロングアイアンのみかと思いきや、3I〜PWのフルセットでオーダーしてきたのだとか。背景は海外ツアーでのショッキングな経験があったようだ。

「ノリス選手は35歳で飛距離が出ないわけではないんです。海外ツアートップの選手たちと回ると、ドライバーの飛距離は変わらないそうですが、アイアンの飛距離、キャリーがまったくかなわず、1番手か2番手飛ばないため、『P790』をフルセットで使いたいとオーダーしてきました。

もちろん、アイアンは飛距離を競うものでもなければ、飛べばいいというものではありません。でも、高いキャリーで届く範囲が増すことが重要だと気づいたそうです。PGAツアーでは、トップ選手のドライバーの飛びが注目されがちですが、アイアンも飛ばないと戦えないのが実情のようですね」(テーラーメイド・真野義英氏)

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?