藤田寛之が飛距離アップできた新設計の「RMX」ドライバー | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

藤田寛之が飛距離アップできた新設計の「RMX」ドライバー

17.09.11 22:34

デザインはシンプルな新ドライバー

 

デザインはシンプルな新ドライバー(撮影:ALBA)

 今日ヤマハは10月6日発売となる新シリーズの「RMX」ブランドを新たに発表した。新ドライバーは「RMX118」「RMX218」という2モデルをラインナップ。新コンセプトは、「勝つために、進化」だ。「自分の理想の攻め方ができるから、ゴルフが面白くてたまらなくなる」をテーマに新たに開発された新ドライバーは、やさしく低スピン・高弾道で飛ばせるぶっ飛びモデルといえる。

 開発に協力していたという藤田寛之は「今までは操作性などを重視したモデルでしたが、僕も年齢も高くなりもっとラクに飛ばせる、ツアーで戦えるクラブがあればと思いました。もっと強い球で低スピン・高弾道で飛ばせるクラブがほしかったです」とコメントしていた。新モデルは、ヘッドターンエネルギー構造を採用。フェース面をシャフトから遠ざけた設計にすることで、中心点からよりヘッドが遠ざかるほうが回転スピードが高まり、ヘッドターンエネルギーが高まるという。従来の弾道を操作する設計よりもより飛距離を求めたヤマハの新たな挑戦ともいえる新設計だ。

 従来よりも重心深度が深くなりヘッドの慣性モーメントが圧倒的に高まることで、低スピン・高弾道が可能に。今作はミスヒットにも強くなり、コースを果敢に攻めていけるクラブに完成した。藤田は新ドライバーの試打で「キャリーで5〜7ヤード飛距離アップできました。ラクに打てる本当に飛ぶクラブ」と絶賛。「RMX118」はヘッド体積445ccの中型ヘッドでストレート弾道に打てるモデル、「RMX218」はヘッド体積460ccで重心角が大きくフェースが開いて当たる人でもドロー弾道が可能になるという。

 また、注目の新アイアンは3モデルをラインナップ。シリーズ全体でラウンドソールを採用しており、フェース側やトゥ側のソールを削り落とすことで、ソールの抜けを向上。さらに打ち込んでもしっかり抜けるように、リーディングエッジ側のバンスを広く強くすることで、ダフリを軽減しており、インパクトの安定にもつながっているという。「RMX018」アイアンは焼きなまし製法を施した軟鉄鍛造で、極上の打感を実現したプロのニーズにこたえたモデル。「RMX118」アイアンは、軟鉄鍛造モデルでやさしさと操作性を備えたモデル。「RMX218」は高強度の高反発フェース素材を採用したうえ、ミスヒットにも強いモデルとなっている。アマチュアにとって楽しみなクラブの誕生といえそうだ。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

2018年シーズン開幕! SMBCシンガポールオープンのニュースをチェック
石川遼、S・ガルシア、宮里優作ら注目選手がシンガポールに集結!新シーズン初戦を制するのは!?
「キャリアビルダー・チャレンジ」 リーダーボード
米国男子ツアー「キャリアビルダー・チャレンジ」リーダーボードを配信! 優勝カップは誰の手に!?
谷原秀人出場!「アブダビHSBC選手権」のニュースをチェック!
欧州ツアー「アブダビHSBC選手権」が開幕。谷原の他、DJやR・マキロイら強敵が多数出場!トッププレーヤーが多数集結する今大会を制するのは誰?
アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?