ミズノの新『MP』は、『GBBエピック』のガチ対抗馬か!? | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

ミズノの新『MP』は、『GBBエピック』のガチ対抗馬か!?

17.02.16 15:14

開発に2年半もかけた“フェースたわみ系”ドライバー『MP TYPE-1』と『MP TYPE-2』

開発に2年半もかけた“フェースたわみ系”ドライバー『MP TYPE-1』と『MP TYPE-2』

 ミズノから飛距離性能を徹底追求した『ミズノ MP TYPE-1/TYPE-2ドライバー』を3月17日から発売するとの情報が届いた。

 メーカー発表によると、2年半の開発期間を経てフェース素材に強靭さとしなやかさを合わせ持つ航空宇宙素材を採用し、新設計のフェース構造によりフェースのたわみを増幅させたという。また、ソールに採用した波形構造によりフェースセンターのたわみ量をさらに約10%増幅させることに成功したという。結果、高初速エリアを従来品比63%アップさせ、高い反発性能を実現し、飛距離性能を向上させるとしている。

 モデル分けとしては、小ぶりで操作性を重視する人向けの『TYPE-1』(435cm3)、スイートエリアが広くてミスの許容性が高く、やさしく飛ばしたい人向けの『TYPE-2』(460cm3)の2タイプを用意している。そして『TYPE-1』は、過去の名器である『MP-CRAFT425』に構えたときの形状がそっくりで、目の肥えた上級者垂涎の美しい顔を誇っている。

 ここまでがメーカーの言い分なのだが、気になるキーワードがある。それは【フェースのたわみを増幅させた】という部分で、これは現在発売したばかりにもかかわらず品薄状態になっているキャロウェイ『GBB エピック』シリーズと同じアピールポイントだ。キャロウェイの場合、ヘッド内部の「ジェイルブレイクテクノロジー」と呼ぶ2本の柱でボディ剛性を高めることでフェースのたわみが大きくなるとしている。

 対してミズノは波型の「ウェーブテクノロジーソール」と、「ニューコアテックフェースデザイン」と呼ぶ、フェース中心に厚みを持たせて周辺部を薄くした設計の2つでフェースセンターのたわみ量アップにつながるとしている。アプローチの仕方は違うが狙いはキャロウェイと同じ。はたしてどちらがたわみ、どちらが飛ぶのか。この2社以外には今のところ高反発クラブ以外に【フェースのたわみ】をアピールするメーカーはない。

 いずれももちろん適合ドライバーだが、“フェースたわみ系”ドライバーの有力な対抗馬として、ミズノの殴り込みが成功するのか? 『GBB エピック』のバカ売れを見るかぎり、この試みは高確率で成功しそうな予感が漂う。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、谷原秀人コンビがタッグ戦に挑む
タッグ戦「チューリッヒクラシック」は27日夜開幕!松山&谷原に期待
森田理香子がステップに参戦
元賞金女王・森田理香子が下部ステップアップツアーに出場。その戦いを大量写真でLIVE配信
青木&ジャンボが共演!
JGTO会長・青木功とジャンボ尾崎が12年以来の同組!「中日クラウンズ」
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
ALBAが追ってきた人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好…も丸裸に!?
セクシークイーンがクルー!!
注目の韓流ナンバー1美人プロ、アン・シネが国内メジャーに参戦!
迷った時にエリカの教え
ラウンド中に簡単にできる改善法を菊地絵理香が伝授。今週は1メートルのパットを外さない極意。
「なぜ250ヤード飛ばない?」
片山晃による新レッスン「なぜ250ヤード飛ばない?」。動画もあって分かりやすさ抜群!
誰も言わなかったことをズバリ!【究極のレッスン】
【カカト軸ジャンプ】【カーリング】今まで誰も言わなかった究極のレッスン!
何でもアンケート
今週のテーマは「サイバーエージェントレディス」優勝者予想と「ゴルフ海外旅行で行ってみたい場所」です。