片山晋呉の “黒い” 情熱、形に! | ALBA.Netのゴルフギアニュース

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連ニュース > 記事

片山晋呉の “黒い” 情熱、形に!

17.02.09 13:53

“黒”への情熱は凄まじかった!

“黒”への情熱は凄まじかった!

 グローブライドは2017年モデルの「オノフ黒」を3月3日に発売する。今作は、ギアやスイングへの探究心のかたまり、片山晋呉の意見が全面的に入ったモデルだといい、「各クラブの役割が明確で、やさしいクラブを」との片山の考え方に基づいて設計されているのだとか。

「(今作は)飛ばす、狙うなど各クラブの役割が明確で、自分がイメージするショットが打てるクラブ。なおかつ、やさしいクラブ。自分自身も難しいクラブは使わない。難しいクラブをアマチュアが使っても良い結果がでるはずない。アマチュアこそ、やさしくクラブを使うべき」

 と、そのクラブ哲学と今作の特長を語った片山。確かに、若かりし頃からショートウッドの多用や、アマチュア向きのブランドを男子プロでも採り入れてきた。超合理主義者であり、新しいものに貪欲かつ柔軟に取り組む“パイオニア”としての姿勢を今も貫いている。

 さて、実際のクラブの特長だが、ドライバーには前作になかった『パワートレンチ』と呼ぶ太くて深い溝がソールに2本、クラウンに1本入った。これにより、たわんで復元する効果が得られてミスヒットしたときでも初速が落ちづらく、飛距離ロスを軽減するのだとか。

 特筆すべきはFWで、3Wはチタンフェースで飛距離にこだわり抜いた。ドライバーと同じ『パワートレンチ』が入った上、ソールのほとんどがタングステン合金で、スーパー低・深重心。この構造がもたらす飛距離性能については片山自身が証明しており、昨年の日本オープンではドライバーを抜き、このプロトタイプのスプーンで、300ヤードドライブを何度も披露。その後の試合でも、若手選手のドライバー並に飛ばすなど、異常な飛びがツアーでは話題になっていた。
 また、5Wと7Wは、得も言われぬ“いい顔”で、「グリーンにしっかり止める」この番手に求められる機能を追求。こちらはボールを拾いやすく、しっかりスピンが入るため、キャリーが安定して方向性よく狙える仕様になっている。

 その他、アイアンからウェッジまでフルリニューアルされているのだが、片山自身が「ここまで自分の意見がすべて入ったクラブは始めて」と語るとおり、片山イズムがすべて形になっている。実物を見た感想としては、とにかく「カッコイイデザインで、安心感あるちょうどいいサイズかつ、メチャクチャいい顔」。FW、UT、アイアンは特に目標にスクエアに構えやすく、ネックのつながりがとてもキレイ。弾道イメージが沸き立つ仕上がりは、「さすが片山晋呉!」と誰もが思うはずだ。

 体格に恵まれない片山は練習方法やギアの追求など、44歳の今も創意工夫で高いパフォーマンスを維持している。そのこだわり、情熱が形になった『オノフ黒』。キャリアの長い人や、上達意欲の高いゴルファーは、構えてみるだけで、完成度の高さを理解するはずだ。

このニュースに関連するコンテンツを見る

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

松山英樹、谷原秀人コンビがタッグ戦に挑む
タッグ戦「チューリッヒクラシック」は27日夜開幕!松山&谷原に期待
森田理香子がステップに参戦
元賞金女王・森田理香子が下部ステップアップツアーに出場。その戦いを大量写真でLIVE配信
青木&ジャンボが共演!
JGTO会長・青木功とジャンボ尾崎が12年以来の同組!「中日クラウンズ」
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
ALBAが追ってきた人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好…も丸裸に!?
セクシークイーンがクルー!!
注目の韓流ナンバー1美人プロ、アン・シネが国内メジャーに参戦!
迷った時にエリカの教え
ラウンド中に簡単にできる改善法を菊地絵理香が伝授。今週は1メートルのパットを外さない極意。
「なぜ250ヤード飛ばない?」
片山晃による新レッスン「なぜ250ヤード飛ばない?」。動画もあって分かりやすさ抜群!
誰も言わなかったことをズバリ!【究極のレッスン】
【カカト軸ジャンプ】【カーリング】今まで誰も言わなかった究極のレッスン!
何でもアンケート
今週のテーマは「サイバーエージェントレディス」優勝者予想と「ゴルフ海外旅行で行ってみたい場所」です。