国内女子開幕特集!注目女子プロたちの新ギアをチェック!! | 月1 ギア特集 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

国内女子開幕特集!注目女子プロたちの新ギアをチェック!!

いよいよ国内女子ツアーが開幕し『ダイキンオーキッドレディス』では新セッティングで新シーズンに臨むが、今年も“話題の新クラブ”や“クラブ新契約”など注目要素が満載。ALBA.Netでは注目プロ20名以上の新セッティングを詳細レポートします。解説はレッスンプロ&クラブフィッターの片山晃氏が担当。

2017年03月20日

女子プロのドライバーとシャフトの組み合わせに注目

 HS40m/sでも230〜240Y以上ドライバーショットで飛距離を稼ぐ女子プロたち。開幕のセッティングをチェックする中で、アイアンやウェッジなども注目に値するが、特にドライバーのヘッドとシャフトの組み合わせに注目してほしいとは片山の意見だ。

「ドライバーヘッドの組み合わせとして、ヘッドがで球をつかまえて上げるのか? シャフトで球をつかまえて上げるのか?使用スペックの特徴が変わります。さらにはその流れがFWやアイアンまでどのように考えられてセッティングしているのかをアマチュアにはセッティングのヒントとしてみてほしいです」(片山)

2年連続賞金女王、イ・ボミはドライバーヘッドは中高弾道で打てるモデル

注目の女王のドライバーは、総合力の高い飛びモデル
   

 2年連続賞金女王に輝いたイ・ボミのセッティングに注目が集まるが、ドライバーは『TW737 450プロト』を使用していることが判明。昨年使用していた『TW727 455プロト』よりもより操作性が高いモデルだが、アマチュアでも十分使えるつかまりが良く、中高弾道で打てるモデルだという。

「注目したいのはドライバーからウッドまで使用している『VIZARD EX-A55』。手元と中間が硬く、先端が軟らかいつかまりがよく球が上がります。アイアンのシャフトも割りと同じ感覚で打てるシャフト。コンディションが悪くとも無理なく振れるやさしさを求めており、しかも飛距離よりもキャリーでピンを狙う姿勢が見えます。自分で球をつかまえずクラブで上げることで、シビアな状況でも距離感を計算するお手本のようなセッティングです」(片山)

 しかもウッドシャフトは50gのフレックスRを使用している。無理なく打てるから18ホールでも常に安定した飛距離と方向性が出せるそのセッティングは今年も磐石の強さを発揮しそうだ。
 

イ・ボミの新セッティング(2016年賞金ランク1位)

ウッドもアイアンも軽くて軟らかいシャフトを使用しているのが特徴

1W:TOUR WORLD TW737 450 PROTOドライバー(10.5度、VIZARD YA55・R)
3W:TOUR WORLD TW737 FWc(15度、VIZARD EX-A55・R)
5W:TOUR WORLD TW737 FWc(18度、VIZARD EX-A55・R)
UT:TOUR WORLD TW717 UT(22度、VIZARD UT650・R)
5I〜10I:TOUR WORLD TW737V(VIZARD I75)
47.5°: TW-W(NS850GH・R)
52/57°: ボーケイ SM6 Pグラインド(52度、N.S.PRO 850GH・R)
PT:オデッセイホワイトライズiX #1SH
BALL:SRIXON Z-STAR

賞金女王を狙う実力者たちの新クラブも注目

昨年から『TW727 455s』を愛用して続けている笠りつ子
   

 昨年2勝を挙げて初の1億円を達成した同じ本間ゴルフ契約の笠りつ子。ドライバーは変わらないが、FWやアイアンなどが新しい『TW737 FWc』『TW737P』に変更。さらにやさしく進化したモデルを使用している。「笠プロはノーコックでボディターンで振るタイプ。シャフトで球を上げたいので、手元と先端が軟らかくやさしいシャフトを使っているのが特徴。ヘッドはより球がつかまる『TW727 455』を使っています」(片山)。

 他にも16年賞金ランク4位のキム・ハヌルは新ドライバーに『TW737 460』に変更している。シリーズで最もシャローバックだが、最も浅重心ヘッドのタイプ。「長身でアップライトに振るため、打ち出し角が確保できる彼女には低スピンになる『TW737 460』は合っています。シャフトも元調子シャフトで硬度Rでゆったり振れるスペックですね」(片山)。

 ほかにも賞金ランク5位の鈴木愛は、アイアンに新たにピンゴルフの『i200』アイアンを投入。「鈴木プロはインサイドに引いてオンプレーンで振ります。アイアンだとダウンブローに入るのでやや高重心のハーフキャビティが合います。使用し続けているドライバー『ピンG』もそれほど低重心タイプではないので、割りとフェースの上目に当っているスイングにマッチしていますね」(片山)。

 賞金ランク9位で3回の賞金女王の実績があるアン・ソンジュ。ドライバーは変わらずヨネックスの『EZONE XPG Type HD』を使用して、アイアンは池田勇太も使用して話題となった『N1-CB フォージド』を使っているパワーヒッター仕様のセッティングだ。「男子顔負けのパワーヒッターで非常にタメが振れるスイング。ウッドシャフトもアイアンシャフトも先中調子で先を走らせて、シャフトで無理なく球をつかまえるセッティングです。ヘッドはどちらも中弾道で強い球が打てるので、風に左右されないショットが打てます」(片山)。ぜひアマチュアには、彼女たちのヘッドとともにシャフトにも注目してほしい。ウッドからアイアンまで同じリズムで振れて、無理なく打てるやさしいセッティングになっている点はアマチュアに非常に参考になるという。



 

笠りつ子の新セッティング(2016年賞金ランク3位)

3〜7番ウッドまで入れており、やさしさ満載のセッティング

1W:TOUR WORLD TW727 455s PROTOドライバー(9.5°、VIZARD YZ55・SR)
FW:TOUR WORLD TW737FWc(#3/15°、#5/18°、#7/21°、VIZARD EX-C65・SR)
UT:TOUR WORLD TW737UT(25°、VIZARD UT650・SR)
5I〜10I:TOUR WORLD TW737Pアイアン(NS850 GH・R)
AW:TOUR WORLD TW-W(47°、N.S.PRO 850GH・R)
SW:TOUR WORLD TW-W(57°、N.S.PRO 850GH・R)
PT:TOUR WORLD TW-PT
BALL: SRIXON Z-STAR

キム・ハヌルの新セッティング(2016年賞金ランク4位)

ロフトが少ない5番・6番アイアンはやさしいモデルをチョイスしている

1W:TOUR WORLD TW737 460ドライバー(9.5°、VIZARD YA55・R)
3W:TOUR WORLD TW737 フェアウェイウッド(15°、VIZARD EX-Z65・SR)
UT TOUR WORLD TW737 UT(19°、22°、VIZARD IN-75U
5I〜6I:TOUR WORLD TW737 Vsアイアン(N.S.PRO 950GH・R)
7I〜10I:TOUR WORLD TW737 Vアイアン(N.S.PRO 950GH・R)
AW:TOUR WORLD TW-W(52°、WV105 ・WV)
SW:TOUR WORLD TW-W (58°、WV105 ・WV)
PT:オデッセイ WHITE HOT RX V-LINE FANG CS
BALL:SRIXON Z-STAR

アン・ソンジュの新セッティング(2016年賞金ランク9位)

その後にFWは「キャロウェイ GBB EPIC」を使用していた

1W:EZONE XPG ドライバー Type HD(9°、REXIS KAIZA-D5・SR)
3W:XR16 FW(13.5°)
3U:EZONE XPG UT(19°)
4U:EZONE XPG UT (22°)
5I〜PW:N1-CB フォージド
AW:N1-W フォージド(48°)
AW:N1-W フォージド(52°)
SW:N1-W フォージド(58°)
PT:オデッセイ VERSA 330M BLACK
BALL:BRIGESTONEGOLF TOUR B330S

鈴木愛の新セッティング(2016年賞金ランク5位)

ハイブリッドは大型ヘッドを多用しているのも特徴のひとつ

1W:PING Gドライバー(10.5°、ALTA J50・S)
3W:BIG BERTHA ALPHA 816(14°)
5W:PING G FW(17.5°、G TFC390・SR)
3U:PING G HY(22°、 MCH70・R)
4U:PING G30 HY(25°、MCI70・R)
6I〜PW:PING i200アイアン(N.S.PRO 950GH・R)
AW:PING GLIDE SS(50°、CFS・R)
AW:PING GLIDE SS(54°、CFS・R)
SW:PING GLIDE TS(58°、CFS・R)
PT:PING VAULT ANSER 2
BALL:タイトリストPRO V1x

1 2 3最後

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ