「我こそはアベレージゴルファー」なら必見!『RED』『UD+2』はゼクシオキラー? | 【本橋本信コラム】 人気ギアの重心データ分析 | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

「我こそはアベレージゴルファー」なら必見!『RED』『UD+2』はゼクシオキラー?

某メーカーのクラブ企画・開発として10年従事した経験を持つ本橋本信。微に入り細に入り重心データを分析し、数字に基づいた性能解析を得意とし、トッププロやプロを目指すジュニアにフィッティングを行っている。そんな本橋が人気ギアの本当の姿を解き明かしていく!

2017年05月18日

 
真ん中が『XXIO9』、左がプロギア『RED』、右がヤマハ『インプレスUD+2』

市場ではヤマハ『インプレスUD+2』の健闘が光っています

皆さん、こんにちは。ギアマニアック・本橋本信です。データに基づく精密なクラブフィッティングを得意にしております。

世の大半が、まず100切りを目標にしているアベレージゴルファーなわけですが、そんな人の強い味方だったのが、ダンロップ『ゼクシオ』です。2000年の発売からこれまで、その座が脅かされたことはなく、ゴルフクラブの王者といってもいいでしょう。そんな中でも、今年は異変が起きているようで、各社がゼクシオの座を狙うべく、強力な対抗馬を投入していますね。

中でも、ヤマハインプレスUD+2』は、+2番手の飛びをうたっており、アイアンセットが牽引する形でドライバーやFW、UTなどのウッドも好調に推移しているようです。アイアンはゼクシオを凌ぐことも多く、ドライバーも着実にその背中を追っていると言えるのではないでしょうか。

そこで、今回から4回のシリーズとして、「ゼクシオキラーはどれ?」ということで、2017年モデルの最新ドライバーの重心データと試打を含めた考察をしていきたいと思います。今回の候補クラブは、ゼクシオキラーカテゴリのプロギア『RED』、ヤマハインプレスUD+2』です。以上2モデルとXXIO9の性能設計を比較、検証してみましょう。

【ヘッド内部重心データの用語解説】
■重心距離&重心角⇒操作性能に関与するもの
■実重心深度⇒シャフト軸からヘッド内部重心までの長さで打ち出し角とスピン量に関与
■有効打点比率⇒数値が高いほど低重心で、スピンを減らせる領域が広いということ
■LOFT±⇒表示ロフト+実際ロフトの±で、打ち出し角に影響する
■スピン±⇒フェイスセンターで打った時を仮想したスピン量の増減


■打ち出し角とスピン性能
・『XXIO9』は、平均値に対して+0.8度とやや高めの打ち出しで、やや低スピン。
・『RED』は、打ち出し角もスピン量も平均値とほぼ同じ
・『インプレスUD+2』は、平均値に対して+2.8度と打ち出しが相当高く、スピンは超超超少ない。

→『インプレスUD+2』は、まさに高打出し低スピンで飛ばすための性能を持っていると言えるかもしれませんね。


■操作性能
・『XXIO9』は、重心距離が短めで、重心角が大きいのでフェードヒッター向けで、スライサーにも適応する操作性能
・『RED』は、『XXIO9』と比べると重心距離は約2mm長く(ただし平均値よりは短い)、重心角が小さい(平均値からすれば大きい)ので、オートマチックにドローを打ちたいプレーヤーに最適な操作性能
・『インプレスUD+2』は、『XXIO9』と比べると、重心距離は約1mm長く(ただし平均値よりは短い)、重心角は約8度も大きいためつかまり重視で、フェード系もしくはスライサーに最適な操作性能

→『XXIO9』はつかまりも十分で、フェードヒッター中心に幅広いゴルファーが使えるヘッドであることが分かります。それに対して、『RED』はオートマチックドロー、『インプレスUD+2』はつかまり特化型だと、明確に『XXIO9』と差別化したヘッドだと言えます。

【分析結果】『XXIO9』は万人向けで外れなし。『RED』はそれより叩けて『UD+2』はつかまりも飛びも◎

『インプレスUD+2』は、他の2つに比べてオフセットが強く独特な顔だ

【性能総合分析】

『XXIO9』に対して重心距離も長く、重心角が小さいため、『XXIO9』がつかまり過ぎるプレーヤーにとって扱いやすいのがプロギア『RED』で、飛距離性能的には同等であると言えます。

『XXIO9』に対して、つかまりも同等どころかそれ以上で、高打出し低スピンで飛ばせるヘッドだと言えるのが、ヤマハインプレスUD+2』です。シャフトやスペック次第では、ヘッド性能的には飛距離性能は間違いなく上だと思います。

インプレスUD+2』の特質すべき点は、実重心深度が深いにもかかわらず、超低重心であること。この部分は、通常は相反する部分で、重心深度が深くなればなるほど、フェース面上のスイートスポットが高くなり、高重心になりがちです。高い打出し性能以上に、強い直進性も持っていると言えます。

顔の形状も、すべてのモデルが投影面積が大きくて安心感がありますね。『XXIO9』も『RED』もオーソドックスですが、『インプレスUD+2』は、少しグースになっていて好みの分かれる点ではありますね。


【本橋本信プロフィール】
某大手メーカーでクラブの企画・開発に10年従事。使用クラブ履歴の性能設計・弾道分析から、近未来目指す弾道を実現するクラブフィッティングを中心に、トップジュニア、ツアープロのギアコーチのノウハウも加味したフィッティングとレッスンを展開中。もっと本橋を知りたい方は下記もっちゃんのゴルフ(ギア)の真髄 http://ameblo.jp/motuchian-proまで 13本のマッチング診断&フィッティング(有料)はdftmh823@ybb.ne.jpまで

1

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アン・シネ写真も更新中!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
人気急上昇中のセキ・ユウティン!待望のコラムがスタート【スイートハートのAtoZ】
笑顔がまぶしい19歳、セキ・ユウティンが語る新連載!スイートハートの意外なアレコレをご紹介しちゃいます
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
一回行くと再挑戦したくなる都心から至近の名コース 【東京国際ゴルフ倶楽部】
キム・ハヌルが日本語でコラム連載中!
キム・ハヌルが毎週水曜日にコラム連載中!ボミとのプライベートショットや茂木宏美との対談、まさかの母親登場まであますところなくお届け!
未来のヒロイン発見!? コレで我らも"ステマニア"
レギュラーでの活躍を誓う"ネクストヒロイン"が切磋琢磨するステップアップツアー。注目選手、知っていますか?
迷った時にエリカの教え
ラウンド中に簡単にできる改善法を菊地絵理香が伝授!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!