テーラーメイド『M3 460』、米国仕様の超マニアック試打レポ by Toshi HIRATA | 【購入する前ちょっと見て!!】人気ギアのマニアック情報

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

テーラーメイド『M3 460』、米国仕様の超マニアック試打レポ by Toshi HIRATA

アメリカ在住のALBA.net特派員、Toshi HIRATA氏から、テーラーメイド『M3 460』ドライバーの超マニアック試打レポが!元プロならではの視点ですが、中・上級者かつ、ある程度振れる方はぜひご参考ください。

2018年02月10日

「スイートスポットが真ん中に移動したのでは?と興味を持った」(平田)

 
アメリカ合衆国、ジョージア州、サヴァンナよりToshi HIRATAが試打レポート(撮影もすべてToshi HIRATA)
筆者 「平田さん、いち早くテーラーメイド『M3 460』ドライバーの米国仕様を入手してトラックマンで計測しながら打ちまくっているんですよね?FBのクローズド記事に挙げられていた中身をALBA.netでも紹介したいです」

Toshi HIRATA(以下、平田) 「はい。いいですよ。けっこう本音で辛辣なことを書いていますが、あくまでも私個人の感想なので、悪しからず…」

筆者 「それは分かっています。日本では2月16日に発売されるんですが、ヘッドスピードが速い人を中心に、これから米国仕様をネット購入しようと検討する人も多いと思いますので、平田さん個人の意見でもいいので記事にしたいです」
アイアンはPXGユーザーの平田さん…クラブに超こだわりますね…
平田 「分かりました。この『M3 460』に興味を持った理由は私が『M1 440』ユーザーだからなんですが、まだ実物が見れていない時から気になってましてね。フェースを見る限り、スイートスポットがフェースの真ん中に戻って、名器『初代M2』への回帰のような印象でしたし、それでいて【ツイストフェース】のニューテクノロジーが興味深いので。

前回の『M1 460』と『M1 440』はスイートスポットがヒール寄りだったので、トゥ寄りの打点で打つドロー系の私には扱い難かったんです。そこで、PGAショーで実物を触りにロングドライブしてジョージア州から見に行くことにしました。当初は『M3 440』が個人的には好みで、購入は止められそうに無いな、でも、エースの『M1 440』がまだ綺麗なんだけどなぁ…といった感じでした」

筆者 「なるほど。確か、平田さんはキャロウェイ『GBBエピックサブゼロ』、テーラーメイド『M1 440』『M1 460』の3本を去年購入されていましたよね?トゥ寄りでボールを捉えるから『M1 460』も『M1 440』も両方ともそんなに合っていないという判断だったのは分かりますが、最終的にエースは『M1 440』だったんですね…」

平田 「はい。特に『M1 460』の方がヘッドが大きい分、トゥに当たりやすくなっていましたので。私のトゥ寄りの打点で一番球筋が安定しやすいのは『M1 440』でした」

「M3 460は、とにかく曲がらない!」(平田)

この環境、羨ましい限り…
平田 「先日コースの休業日に『M3 460』をトラックマンで計測しながらテストしました。まず、第一印象ですが、現在使用中の『M1 440』と比べると方向性に格段の向上が見られます。私のミスの多くはトゥ側ヒットしやすいことですが、『M1 460』に比べても、スイートスポットで捉える確率も比べものになりません。

エースの『M1 440』でトゥ側にミスすると低いドロップボールで距離も方向も失いますが、今回この『M3 460』では同じ打点なのに高いドローボールになりました。
コレが【ツイストフェース】の効果なのか分かりませんが、確かにエースの『M1 440』より圧倒的に曲がりません」

筆者 「本当に???それって平田さんが元A級ティーチングプロだし、現状もハンデ+2以上だし、70以下で回る実力者だからなんじゃないですか?だって、元々平田さんってまったく曲がらない人でしょう?」

平田 「いえいえ。ミスすれば私なりに曲がりますよ。実際、試打の際も『M3 460』だと10ヤード前後にボールが集まったため、ボール集めも非常に楽なものでした。落下地点を見て頂くとわかるのですが、センターラインから全て左40フィート(12ヤード) 以内に集まっていました。

ちなみに、私の場合ラウンドでは、コースの右側フェアウェイにスタンスを向けてドローボールを打ちます。トラックマンではラインに平行に構えているので全て左サイドに球が集まりました」

「M3 460は、飛距離もM1 440より出る」(平田)

トラックマンの画面です
筆者 「平田さん、この赤い印と青い印はどっちが『M1 440』ですか?まさか青い印?」

平田 「いえ、クラブ別に付けた印じゃなくて、これは青い印がコースボールなんですよ。トラックマンの設定上ではスピンが入りやすかったコースボールの方がレンジボールより飛ばない結果になっています。でも、実際の目視やボール集めでは、レンジボールでもコースボールでも明らかに『M3 460』の方が飛んでいました。

私の『M1 440』ドライバーでのキャリーは235〜245ヤードなので、試打では絶対に入らない255ヤードまでのバンカーを目標に打ったのですが、『M3 460』ではバンカーにダイレクトキャリーした球が数発あり、目が飛び出るほど驚きました。61歳の私でもキャリー260〜265ヤード以上が出ている計算になりますから

筆者 「……。(普通の61歳じゃないでしょ!)飛ぶ理由は何だと思いました?」

平田 「それを説明すると、細かい話しでかなり長くなりますが、よろしいですか?」

筆者 「もちろん!」
1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

「CAT Ladies」ライブフォト
「CAT Ladies」のライブフォトで練習日&試合の様子をチェック!
「日本ジュニアゴルフ選手権」
フォトギャラリー
「日本ジュニアゴルフ選手権」の現地からフォトギャラリーをお届け! プラチナ世代のプレーをチェック!
米男ツアー、「ウィンダム選手権」リーダーボード
米男ツアー「ウィンダム選手権」が今週開幕! 松山英樹の成績をチェック!
80名様にプレゼントが当たる!
真夏のゴルファー大調査アンケート
ALBA.Netでは真夏のゴルファー大調査アンケートを実施しています!世の中のゴルファーの“リアル”に迫るため、ぜひ皆さまの“リアル”をお聞かせください!
米女子ツアー「インディ・ウィメン・イン・テック選手権」リーダーボード
畑岡ら日本勢出場!「インディ・ウィメン・イン・テック選手権」の速報をチェック!
原辰徳氏が出場! ファンケルクラシック リアルタイムスコア
原辰徳氏が出場する「ファンケルクラシック」が開幕。速報はALBA.Netで!
イ・ボミら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
藤田光里のコラムが連載スタート!【藤田光里のMindTravel】
こんにちは!藤田光里です。ALBA.Netでコラムを連載させていただくことになりました。これからよろしくお願いします!
皆さんに起こったゴルフにまつわるエピソードを募集します!!
皆さんの身の回りで起こったゴルフにまつわるエピソードをメールにてお送りください。写真や動画もお待ちしております〜!
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
ゴルファーがはくべきゴルフソックスはどれ?
ゴルファーにとってソックス選びを実はとっても重要! ゴルフ専用ソックスの魅力をたっぷり紹介します♪
プロが選んだアイテムはコレ!
プロたちが勝つために試合に選んだシューズやウエアはいったいどれ!?編集部おススメのアイテムをピックアップして紹介します!