石川遼がロフト64度のウェッジをバッグに入れた理由とは? | コヤマカズヒロのゴルフギア、ここが知りたい! | ゴルフのポータルサイトALBA.Net|GOLF情報

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ギア情報 > ギア関連コラム > 記事

石川遼がロフト64度のウェッジをバッグに入れた理由とは?

text by kazuhiro koyama

2017年02月16日

ロフト角64度のウェッジを追加した石川遼

石川遼が昨年末から投入している64度というハイロフトウェッジ。58度のウェッジを6度も開いて調整している(撮影:村上航)

 ちょうど1年前に腰痛のためPGAツアーを離脱し、昨シーズンは公傷制度を利用した石川遼。2016-2017シーズンは、マレーシアで行われた「CIMBクラシック」で10位に入るなど、まずまず堅調な成績と言えそうだ。スタッツ面でも向上が見られ、このまま故障なくプレーできれば、昨年の分を取り戻すような活躍も期待できるだろう。

 そんな石川が、昨年末の『日本シリーズ JTカップ』からバッグに入れているのが、64度というハイロフトウェッジだ。同じキャロウェイ契約の看板選手、フィル・ミケルソンも64度のウェッジの使い手で、代名詞とも言えるロブショットを自在に操るのはファンのあいだではお馴染みだろう。

 ミケルソンが使用するウェッジは、自身のシグニチャーモデルである『MACK DADDY PMグラインド』だが、石川が使用するのは、自身が59度ウェッジでも使用する『MACK DADDY2 ツアーグラインド』だ。59度、64度ともに、このモデルの58度ヘッドを、ロフト角を寝かせて使っている。

 58度のウェッジを6度も開くというのは、一般的にはあまり行われない調整だ。ネックに負担がかかることもあり、通常は2〜3度程度にとどめておく場合が多い。そもそもウェッジは、その表示ロフトで使って、はじめて設計意図に沿ったソールの機能が発揮できるものだ。ロフト角を大きくしたことで、その分、バウンスが強くなり、ソールの当たりが強くなる。ヘッドが地面に突っかかってしまうこともあるだろう。

 そのままでは使いにくいので、石川は64度にした状態でソールが機能するように、バウンスを削って使っている。また、ロフト角を大きくするとFP値も大きくなり、リーディングエッジの出っ歯がより強調される見た目になる。このあたりは、出球のイメージにも直結する重要なところで、こちらも必要に応じて、調整が必要だろう。

 あまり研磨する部分が多いと、ヘッド重量が減ってしまい必要な重さが確保できないという問題もある。そのあたりは、バックフェースに鉛を貼ったりして調節するわけだが、それだけ手間をかけても、この『MACK DADDY2 ツアーグラインド』のヘッドを使うのは、よほど気に入っているのだろう。サポートの充実したツアープロならではの調整で一般アマが真似するのはなかなか大変そうだ。

1 2 3

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ