ドロップすれば球は池に落ちるので、最初からプレースした|ゴルフのポータルサイトALBA.net

-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > ゴルフ辞典 > 戸張捷のルール&マナー > スルーザグリーン編 > ドロップすれば球は池に落ちるので、最初か

戸張捷のルール&マナー

スルーザグリーン編

質問ドロップすれば球は池に落ちるので、最初からプレースした

ドロップ位置が池の周りの斜面で、ドロップすればボールは確実に池に落ちてしまいます。ボールをなくすのは嫌だったので、最初からプレースをしてプレーを続けました。これはやはりルール違反だったのでしょうか。

回答規則に従って再ドロップ後にプレースをする

ドロップの方法に誤りがあった(例えば、ボールを肩の高さまで持ち上げずに落とした)という場合なら、1罰打の付加(正しい方法でドロップをやり直せば無罰)となる。しかし、このケースはドロップすべきところでプレースをしたので、適用ルールに反したことになり2罰打が課せられる。

まずはこのケースのように、ハザード外でドロップしたボールがハザード内に転がり込んで止まった場合、プレーヤーは再ドロップをしなければならない。たとえドロップする前からハザード内に転がることが確実な地形でも、ドロップ、そして再ドロップが必須なのである。

ドロップのボールがやはりハザード内に転がり込んで止まったとき、プレーヤーは規則に従ってボールをプレースしなければならない。プレースする地点は、再ドロップの際に最初に地面に落ちた(ワンバウンド目の)地点だ。また、傾斜がきつくそこにプレースできないときはホールに近づかず、かつその地点からできるだけ近い箇所にプレースしなければならない。

ドロップ地点が急傾斜でボールが池に入る恐れがあるときは、あらかじめハザードの内側に誰かに待っていてもらい、転がり込んだボールを拾い上げてもらうといい。

【参考規則20-2】

※ルール改正などにより回答が正しくない場合もございます。

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

おすすめコンテンツ

アン・シネら人気女子プロのオフショットも満載!女子プロ写真館
イ・ボミやアン・シネら人気選手満載の女子プロ写真館。ALBA.Netでしか見られない特選フォト毎日更新中
【ゴルフ会員権】メンバーに聞いたホントの話
【毎月1週目・3週目更新】編集部が厳選したオススメコースの“本当に知りたかった情報”をお届けします!
注目プロ名鑑〜選手詳細情報〜
人気プロのヒストリーやエピソードをまとめた"ゴルペディア"が登場。女子プロのプレースタイル、趣味、ギア嗜好を丸裸に!?
何でもアンケート
あんなことやこんなこと、周りのゴルファーはどう思ってる?アンケートに答えてプレゼントをゲットしよう!
戸張捷のルール&マナー
プレー中にトラブルをどう処理するかで困ったことはありませんか?知ってそうで意外と知らないゴルフのルールを戸張さんがバッチリ解説してくれます!
【ザ・仰天ゴルフニュース】
世界各国で起こるさまざまなゴルフニュースの中から、編集部が厳選して紹介!
ゴルフふしぎ発見!
編集部のひよっこゴルファーがゴルフにまつわるあらゆるふしぎを発見! 奥が深いゴルフ…アナタはこのふしぎ、知っていましたか!?