石川遼の開幕戦「ヒューマナチャレンジ」は好結果を予想! | ALBA.Netのコラム

-
-
-
-
-

ゴルフのポータルサイトALBA.Net TOP > レッスン&エンタメ > コラム > 薬師寺広のノーカット放送室 > 記事

コラム > 薬師寺広のノーカット放送室 > 記事

文字サイズ:

石川遼の開幕戦「ヒューマナチャレンジ」は好結果を予想!

2013年01月16日13時32分

今週開催のヒューマナチャレンジが石川の今季初戦となる

今週開催のヒューマナチャレンジが石川の今季初戦となる(撮影:福田文平)

 石川遼がいよいよ今週の「ヒュマナチャレンジ」で始動します。これまで4年間はインターナショナル選手としてスポット参戦でPGAツアーを戦ってきましたが、今年からは今年からは正式なPGAツアーメンバーとしてフル参戦予定です。日の丸を背負う日本人選手唯一となったメンバーとしての責任感とマスターズ特別招待選手としてのプライド、初めてのコースでの期待と不安、プレッシャーも感じながらの開幕戦となると思いますが、私は「ヒューマナチャレンジ」からの始動という判断は吉と出るのではないかと思います。そしておそらく結果も残せると予想します。

石川遼が昨年まで開幕戦に選んだトーナメントと結果は

2012年『ソニーオープンインハワイ』 予選落ち
2011年『ノーザントラストオープン』 予選落ち
2010年『ノーザントラストオープン』 32位タイ
2009年『ノーザントラストオープン』 予選落ち

 上記のように過去4年開幕戦に選んだ試合で予選通過は1試合と結果を残すことは出来ませんでした。2009年から2011年までの「ノーザントラストオープン」のコースであるリビエラカントリークラブはPGAツアーでも難コースにランクされた名門コースです。コースはドローやフェードボールを要求し、空中からのハザードとなるユーカリの木、フェアウェイやラフは癖の強いキクユ芝。昨年のソニーオープンのワイアラエカントリークラブは距離は短いとはいえ、メジャー並みの狭いフェアウェイと海からの強い風といずれにしても試合数の少ない日本人選手の開幕戦としては難度の高いコースを初戦に選んでいたと言えます。

 「ソニーオープン」には毎年多くの日本人選手が出場はしており、試合後のインタビューで「日本の開幕に向けて収穫があった」などのコメントを聞くことが多いですが、これは主戦場が日本ツアーの招待選手のコメントです。しかし石川遼にとっては今年はツアーメンバーとしての出場する以上、PGAで結果を残さなければならないのです。

 新年早々新契約メーカーの発表会などもあり「ソニーオープン」の出場をスキップしたのかも知れませんが、私はコースやトーナメントフォーマットなどを考えると「ヒューマナチャレンジ」からのスタートが良いと判断します。

では、その理由を以下に挙げてみます。

1.トーナメントフォーマット
 「ヒューマナチャレンジ」はプロアマ大会であるため、1組にプロが2人、アマチュアが2人。使用コースは3日間日替わりで3コース使用され、4日目の最終日がホストコースのPGAウエスト(パーマープライベートコース)。3日間がプロアマ大会でプロにとっては予選ラウンド、最終日がプロによる18ホールの決勝ラウンドとなる変則競技。私はこのフォーマットは石川遼には向いていると思います。予選が3ラウンドあれば、なぜなら初日に出遅れたとしてもまだ2日間チャンスがあること。決勝ラウンドは18ホールの勝負となれば目的は上位か優勝とはっきり絞れること。それが彼のゴルフスタイルに合っていると思います。

2.コースの特徴
 使用コースは3コースなのでコースの特徴を掴むには難しそうに感じますが、プロアマ大会で使用されるコースのセッティングはアマチュアでもプレー出来るよう比較的やさしくなっていること。カリフォルニア州ラキンタのコースは広く、空中のハザードは無いため、毎日がムービングデーと言っても良い試合運びが必要となるギャンブルが出来るコーですス。これも彼のゴルフスタイルに合っているように思うのです。

3.過去の優勝者の特徴
 昨年の優勝はマーク・ウィルソン(米国/38歳)。彼はPGAツアーでもミスターフェアウェイと言ってもいいほどのショットメーカーの代表ですが、これまでのツアー5勝のすべてのグリーンがバミューダ芝での大会です。石川選手が昨年2位に入った「プエルトリコオープン」もバミューダ芝のグリーン。2011年の優勝はルーキーのジョナサン・ベガス(ベネズエラ/28歳)。他にも2009年はパット・ペレス(米国/36歳)、2007年チャーリー・ホフマン(米国/36歳)も攻めのゴルフが持ち味でツアー初優勝。2010年のビル・ハース(米国/30歳)はこの大会の優勝をきっかけに2011年はフェデックスカップ王者まで上り詰める選手になりました。攻めのゴルフが身上の石川遼にもチャンスがあると思うのです。

 今季満を持してPGAに本格参戦する石川遼にはぜひ「ヒュマナチャレンジ」で好成績を残してもらい、手ごたえを感じるスタートにして欲しいものです。

 ゴルフネットワークでは衛星生中継で日本時間の金曜の午前6時から放送します。ぜひご覧ください。

気になるキーワード

スポンサードサーチ

PR

PR

ALBA.Net会員になるとALBAポイントが貯まる!

ピックアップコンテンツ

おすすめコンテンツ

おすすめキーワード